【ザ・プリンス箱根芦ノ湖】日帰り温泉プランがオススメ 九頭龍神社にも足を伸ばせます

広告

こんにちは。箱根の日帰り温泉に出かけるのが趣味の ねーさん(@nesan_blogger)です。

箱根湯本駅前周辺を始め芦ノ湖方面まで。箱根の日帰り温泉スポットは様々あります。

芦ノ湖のたもとにある「ザ・プリンス箱根芦ノ湖

宿泊プランはなかなかに料金がかかりますが、日帰りプランは2,000〜4,000円台でスウィーツやランチとセットになっていて、手軽に利用ができる。

さっそくご紹介します。

ザ・プリンス箱根芦ノ湖 日帰り温泉プラン 種類と利用方法

このプランにはいくつか種類があります。

「レイクサイドグリル」ランチブッフェ&「箱根 湖畔の湯」料金:おとな ¥4,500/小学生 ¥2,900
食事時間:11:30AM~2:30PM(L.O. 2:00PM)
入浴時間:1:00PM~4:00PM
バスタオル、フェイスタオル無料
「レイクサイドグリル」ランチブッフェ&「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」料金:おとな ¥4,800
食事時間:11:30AM~2:30PM(L.O. 2:00PM)
入浴時間:10:00AM~8:00PM(最終受付7:00PM)
バスタオル、フェイスタオル有料
ラウンジ「やまぼうし」ケーキセット&「箱根 湖畔の湯」料金:おとな ¥2,500/小学生 ¥2,000
ラウンジ利用時間:10:30AM~5:00PM(L.O. 4:30PM)
入浴時間:1:00PM~4:00PM
バスタオル、フェイスタオル無料
ラウンジ「やまぼうし」ケーキセット&「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」料金:おとな ¥3,200
ラウンジ利用時間:10:30AM~5:00PM(L.O. 4:30PM)
入浴時間:10:00AM~8:00PM(最終受付7:00PM)
バスタオル、フェイスタオル有料

いずれも、入湯税・消費税込み。※2020年9月現在

「レイクサイドグリル」はウェブからの予約が可能です。
レストラン レイクサイドグリル ランチセット

なお、以下の店舗も利用可能ですが、上記と料金が一部異なりますのとウェブ予約はおこなっておらず、お店へ電話にて問い合わせが必要となります。

箱根 なだ万雅殿 TE0460-83-1080(受付時間:7:30A.M.〜9:00P.M.)

2020年1月に訪問した際、私が利用したのは

ラウンジ「やまぼうし」ケーキセット&「箱根 湖畔の湯」です。

予約制ではないので、直接お店に行っての申し込み。温泉の受付で渡すチケットを発券してくれます。

箱根 湖畔の湯

二箇所から選べる温泉。
ホテル内にある「箱根 湖畔の湯」と隣接の箱根園の中にある「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」です。

今回は「箱根 湖畔の湯」を利用しました。

ホテル別館の地下一階にあります。

「蛸川(たこがわ)温泉」というお湯。

エリア内を流れる沢がタコの足のように枝分かれし、芦ノ湖に注いでいることからその名が付いた。泉質:単純温泉、カルシウム硫酸塩泉、無色透明

内湯と露天風呂が一つずつあり、露天風呂からは芦ノ湖が望めます。※温泉内は撮影禁止

温泉施設の外は遊歩道になっていて、お風呂上がりの散歩にうってつけ。
訪れたときが曇天だったので、あまり綺麗に撮影が出来ず、残念。

ラウンジ「やまぼうし」のケーキセット

温泉利用後は、ラウンジ「やまぼうし」のケーキセットをいただきます。

ホテル本館フロントの向かい側。

プラン申し込みにお店で受付する際、先にケーキも選んでおくのですが、私はアップルパイにしました。その他には、ショートケーキやサバランなど。※時期により商品が異なります。

飲み物は、コーヒー、紅茶、カフェラテの中からセレクト。ホットコーヒーにしました。

リンゴがたっぷりで、入浴後で小腹が空いていたので尚更美味しい。程よく温めてあるのも嬉しいです。

食後は、館内をブラブラと。
隣接の箱根園へと続く通路には洋服屋さんや、小物屋さんなどが並んでいます。

箱根園は水族館や工芸品作成の体験コーナーなどもあり、ゆっくり1日を満喫することができます。

箱根園|トップページ

ザ・プリンス箱根芦ノ湖 電車とバスでの行き方

このホテルは芦ノ湖のたもとにあるので車だと便利ですが、都内からですと、高速やインター降りて以降の箱根道の随所がしばしば渋滞し、かつ、冬場だと山道が一部凍結していることもありオススメはしません。

電車とバスでの行き方をお伝えします。

小田原駅(JR線、小田急線)または、箱根湯本駅(小田急線)からそれぞれバスが出ています。今回は小田原駅を利用しました。

改札を出て「東口バス」に向かいます。

芦ノ湖、箱根園方面は5番乗り場。

駅から一旦地下に降りてからでないとバスターミナルに渡れません。ショッピングモールの「ハルネおだわら」を通り抜けて再び地上に出ます。

バスは本数があまり無いので、時刻表で事前にチェックしてから利用するとよいです。

【1】時刻表検索→停留所名「小田原駅」を選択
【2】行き先→元箱根・関所跡・箱根園を選択
(箱根園のみの選択肢もありますが、日に1本程度の運行です)
【3】時刻表が表示されます

伊豆箱根バス – 検索システム

降車する停留所は「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」
止まらない場合もあり。時刻表にも表示がありますが、乗車時に運転手さんに確認することもできます。
その際は「箱根園」で降りれば徒歩数分です。

運賃はおとな1人片道1,330円 ※ICカード利用可、2020年1月現在
所要時間は約1時間ですが、土日祝だとかなり渋滞するので、さらに時間がかかるかもしれません。

小田原駅発のホテル専用シャトルバスもありますが、原則宿泊者のみが利用可能です。

私が訪れたのが、平日の午後でしたので混雑もなく、小田原駅からちょうど1時間で「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」のバス停に到着しました。
帰りは急行バスが利用できて、50分でした。

帰りの時刻表は検索しなくとも、バス停の表示を見ておけばOK。

バス停の目の前がホテルのエントランスです。

ホテルの右奥は遊歩道になっていて、芦ノ湖の龍神伝説を今に伝える聖地『九頭龍神社』のある「九頭龍の森」に進んで行かれます。

こちらもぜひ、合わせてお立ち寄りください。

九頭龍神社について、詳しくは別記事に書いています。

最後にひとこと

箱根観光に行こうかな…と思ったときに、この記事が参考になれば幸いです。

なお、2020年9月時点ですと、宿泊プランも「GoTo トラベルキャンペーン」で利用しやすくなっているので、ホテルのウェブページをご参考に。

GO TO PRINCE!割引対象プランのご案内

このキャンペーンを利用をして、宿泊もしてきました。よろしければコチラもお読みください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら