ブログ800記事を書いて思うこと 向いている方向が逆になってきた

広告

2017年7月22日に立ち上げた我がブログ。毎日更新しておかげさまでこの記事が813記事目となります。

それが多いのが少ないのか。記事数の割にアクセス数が多いのか少ないのか。
主観で申しますと、きっと記事数は多い方なのだろう。記事数対アクセス数はめっちゃイケテナイのだと思う。

でも、なんでもいいのです。
多いとか少ないとか、いいとかイケテナイとか…それを決めるのは、きっと読者さんだから。

ここのところ、時間に余裕ができて、過去記事のリライトをしています。
初期の頃の記事を見るにつけ、もう、恥ずかしくってしょうがない。

まず「自分言語」をメインに書いてある。
何かが楽しかったり、何かがためになったり。それをもたらしてくれた方々のニックネームや愛称ばかり羅列していて、リンクすら貼っていない。

「楽しかったー、ためになったー、わーい!」
それはそれで、自分にとってはハッピー。

でも、きっと読者さんは「なんのこっちゃ」…と、消化不良に陥っていたのかもしれないなー。申し訳ない。

しかも、それらの多くが「情報をくださった方々」へ向けて書かれてある。
「情報をくださった方々」へ、感謝をお伝えしたい。それはそれでヨシ。「素敵な感想をありがとうございます!」とコメントをいただけると、とても嬉しい。

なんだけど。

「こういうことが役にたったよー。こういう悩みがあってやってみたら、クリアになってきたよー」
って書いてみることで、そこに参加していなかったり、そのことをご存知なかった方々に、参考にしてもらえるんだろうな。

"情報をいただいた方への目線"オンリーじゃなくって、"情報を必要としている方への目線"

読者さん言語。

そんなことを考えるに至ったら、向いている方向が「逆」になってきた。
記事を書いていて、どこかの時点で、この「スイッチ」を意識するようになってきました。

まだまだ「できている」とは言い難いけれど。
最初から、そんなふうにされている方もいらっしゃるのだろうけれど。

私は何しろ「オメデタイ」性格ゆえ、すぐ「わーい!」になっちゃって、なかなかできていない。

だから、師匠に教えてもらったり、ブログ仲間の記事を参考にしたりしながら、記事数を連ねてきたら気付けたのかもしれない。

ありがたいなー。

この感覚、これからも大切にしてゆきたいです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら