父の米寿祝い 参加をお願いする叔父叔母も高齢だけれど、人生を謳歌している姿に感銘

広告

この3月で88歳を迎える父。「米寿祝い」のイベントを企画中です。

父方の親戚は遠方のため、今回参加をお願いするのは母方の叔父と叔母です。

母は長女(ちなみに、母は今年87歳)で、その下が弟二人と妹一人の四人兄弟。
上の叔父は81歳、下の叔父は76歳、叔母は70歳。

みなさん高齢なので、電子媒体ではなく、紙媒体で連絡しないとなー。などと思っておりましたが、父に相談すると「電子メールですぐにやり取りできるから」との返答。

なんでも、みんなでしょっちゅう連絡を取り合い、集まってはワイワイやっているとのこと。

全員、仕事はとうの昔にリタイアして、いわゆる「悠々自適」ライフを満喫中。元気だなー。しかも、メールでサクサクやり取りできるとは!予想外でした。

さっそくそれぞれに連絡を取ってみると、速攻で返事がきます。
叔母に至っては「ガラケー卒業して、スマホ新調するから、今後の連絡先はスマホの方によろしくねー。アドレス分かったら連絡します」
わー!このおん歳(失礼)で、スマホデビューなんて。

いずれも、会社勤めをしていた時よりも、さらに人生を謳歌しているようで、私もそんなふうになりたいなー。と、あらためて感銘。

それぞれの伴侶もご一緒に、夫と私も入れると総勢10名。
会場のレストランも決まったので、これからあらためて、メールで招待状を送ります。

なお、父へのプレゼントは、ブロガー仲間のおみくみさんが記事に書いてくださったので、その中から、セレクトしようと思っています。
米寿のイベントを企画するなら?オススメのプレゼントをご紹介します | プレゼントで世界を変える

人生の偉大な先輩たちの楽しそうな姿に会えるのが、楽しみになってきましたw

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から798記事連続、毎日更新中。(2019年1月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら