Macのプレゼンソフト「Keynote」 思ったよりスンナリと使うことができた アラ還でも大丈夫

広告

あらたな登壇の機会をいただきました。
そのプレゼン資料を MacとWindowsどちらで作成しようかと悩み、ブログに書いたところ‥

記事を読んでくださった方から「Macにしましょう!」とアドバイスをいただき、当初は、使い慣れているWinで進めちゃえ〜と半分以上思っていたところ、一念発起。

Macのプレゼンソフト「Keynote」にチャレンジすることにしました。

このアプリのアップデートサインがちょうど表示されていたので、まずはアップデートを試みたのですが、上手くいかず。
Appleの電話サポートで、オペレータさんにアドバイスいただいたものの、この点は解決せず。
とはいえ、ついでにKeynoteの基本的な操作方法を教えてもらうことができ、早速開いてみます。
ちなみに、アップデートは、登壇が終わったらまた試みることにしました。

すると。

MicrosoftのPowerPointと、さほど変わりない。いやむしろ、Keynoteの方が簡単。
Macユーザの方々がおっしゃっていた通りです。

初心者ゆえ、あまり凝ったデザインにはできないけれど。
いくつかのテンプレートから「これが良さそう!」というのを選びました。

あとは、文言を入力してゆけばヨシ。

必要な基本的操作は、画面の右側にガイドされているから、とっても分かりやすい。

何より感動したのが、iPhoneとの同期。
「Keynote Remote」という機能を使って、スライドショーの操作をすることができる!

また、スライドに埋め込む写真も、iPhoneのライブラリからダイレクトに選ぶことができる。

同期って、なんて便利なのだろうヽ(´▽`)/

慣れていることから新しいことに挑むのは、最初はビクビクなんだけれど。
いざチャレンジして、いい塩梅に進めることができるようになってくると、世界が広がる。

アラ還でもスンナリ、アプリにも馴染むことができました。
Macにあらためて「ほの字」です(笑)

何歳になっても、Macを始めることができる。よろしければコチラの記事もどうぞ。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から798記事連続、毎日更新中。(2019年1月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら