息子からのお土産が復活した 12年ぶりくらいかな やはり嬉しいものです

お土産をもらうのはとても嬉しいですよね。
お友達や会社の人達からはもちろんのこと、家族からのお土産もまた格別。

現在20代真ん中の我が息子。
12年ぶりくらいにお土産を買って帰ってきました。

ある時から途絶えた

息子が中学生頃までは、遠足やら修学旅行やらでお土産をくれたものです。(ま、お小遣いは親が出しているわけですが、笑)

今でも使っている品々。アイキャッチにしてみました。

しかし、いわゆる「反抗期」に突入した頃からパタリと途絶え、完全スルー。
お恥ずかしいことに、つい最近までスルーが続いていました。

親の側は誕生日やらお土産やら毎度プレゼントをするので、一方通行。

ある日ムカっときて、「お土産くらい買って帰ってきたらどうなの?」と聞いてみると、返ってきた答えが「何で?」。

・・・もう撃沈、というか、切ない。

期待するのをやめました。

そして、12年ぶりの復活

その後時は流れ、とある日。

息子がお土産をぶら下げて旅行から帰ってきました。

本人、イロイロあって、足掛け三年くらいかかり卒論を執筆中。
テーマは「東日本大震災の復興に音楽がどう寄与しているか」です。

何度か現地に取材に行って、ご協力いただいている方々にインタビューをお願いしているようで、先日も岩手県へ訪問してきました。

バイトで稼いだお金で買ってくれた、小岩井農場のチーズやらクッキーやら、いか明太子やら。おとなり県の仙台名物笹かまぼこや。

お酒好きな我が家族(笑)には嬉しい名物がたくさん。感激しちゃった!
そして、本当に美味しいw

しみじみと味わいました。

おまけ

先日のホワイトデー。しれっとしている息子に「今日はホワイトデーなんだけど。」と言ってみたら、

「あれ、もらったっけ?」

ガクっ。

おいおい。ブログに書いてあるでしょ。(息子は我がブログは見ておりませんが・・笑)

がっかりしたり、喜んだり、ズッコケたり(笑)

親の心は忙しいものです。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら