「大心堂」の雷おこし “古代” 歴史と由緒ある素敵な手土産

取引先の方からいただいた、大心堂の雷おこし
なんとも風流なお土産だこと。
職場席近くのレディースチームに「どうぞ」と差し上げたら、
“蜂の巣をつついたような”大騒ぎに。

由緒ある銘菓だったのですねー。

創業120年

大心堂さんの創業は明治30年(1897年)。以来、”おこし専門店”として造り続けてこられた。

うちの会社のレディースからの反響がものすごい。

  • わわーーーーっ!
  • この雷おこし、チョー有名なんですよー!
  • ”大手どころの会社の社長秘書さんが真っ先に買いに行くギフトだ”って、ネットで見ました。
  • 硬くないんですってば。手でちぎれるんですから。

…etc.

なんだかとっても喜ばれました。

おこしのルーツは平安時代

そんな銘菓だとはお恥ずかしいことに、つゆ知らず。
パッケージも箱も適当に破っちゃいそうになりましたが、
あらためて眺めてみました。

雷神と竜神が片面ずつの紙袋。

西暦900年!”おこし”の歴史って凄いんだw

大心堂さんのこだわり

”四分割”の切れ目が入っていて、確かに容易にちぎれるし、やや柔らかい。

『古代』の味、歯応え、香ばしさのために落花生(千葉県産)には特に吟味をいたしております。暮れから何度かに分け一年分の手当をいたします。かなりの量になりますが低温倉庫に大切に保管しその都度必要な分を炒って使っております。
水飴と砂糖は品質の安定した上級品を使用いたしております。しかし、固有名詞がつくようなものを使っているわけでもございません。むしろ、おこし種と落花生の個性を生かすための量、配合、温度などに腐心致しております。
ー「大心堂」HPより

”こだわり”の落花生の滋味も深々と感じることができます。

今日の一言

「古代」は”雷おこし版LIFE SHIFT”なんですね!

しかも、レディースの情報収集力もすごいもんだ(笑)

そして、いただいた取引先さんの粋な計らいにも脱帽です。

関連ランキング:和菓子 | 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら