【時と人が解決してくれる】仕事で難題にぶち当たったときに心がけるとよいこと

広告

こんにちは。女性管理職17年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

私の管理職人生で最大の難題にぶち当たっています。
具体的に言いますと、新たな分野のプロジェクトを立ち上げながら部下さんたちのフォローアップもしながら、自分自身もプレーヤーとして対峙しなければならない事態。

管理職だろうが一般職だろうが関わりなく、全員総出で取り組まなければ到底立ち行くことができません。お恥ずかしいことに逃げ出したくなる。

しかし、やっていくうちにあることに気付きました。

それは【時と人が解決してくれる】

具体例も交えつつ、心がけるとよいことについて解説します。

仕事で難題にぶち当たったとき 時が解決してくれる

まずは「時」について。

今回の我がチームのように、あらたな分野に取り組もうとする際には、それまでの経験則が直接役立たないこともあります。

仕事とは常にスピード感が求められることも多い。

準備万端じゃなくてもとりあえず、走りながらやりながら習得していくしかないのですが、不思議なことに。

1日1日進んでいくうちに、いつの間にかこなれてくるのです。

昨日より今日、今日より明日。明日より明後日。
時が解決してくれます。

仕事で難題にぶち当たったとき 人が解決してくれる

このように、時間軸で図れることもありつつ、それだけではままならない。

現有戦力で賄おうとしたところで、人間1人ができることは限られている。そこで、新たなリソースが補充できるかを自部門だけでなく他部門にも力添えを頼んでみます。

すると。

組織のどこかに融通できる「誰か」が必ず見つかって、助けてもらえるもの。我がチームの今回プロジェクトでも、SOS出したら手を挙げてくれる助っ人が見つかって。

早速協力のお願いをしたところ、たった1人の増員でも驚くほどの効率化ができたのです。

自分たちがやっていることを、新たな誰かがとって代わってくれる。どれほど心強いことでしょう。

人が解決してくれる。あらためて実感しました。

逃げ出したくなってもやってみたら、なんとかなる

冒頭でお伝えしたとおり、実は何度も逃げ出したい衝動に駆られました。

でもね。

部下さんたちのケアをするのが私の責務で、管理職を貫こうとしているのも自分の意志で、誰のせいでもありません。自分で決めたことです。

懸命に取り組んでくれている部下さんたちを差し置いて、私だけ逃げるのはポリシーに反します。

やってみたら、なんとかなる。

時と人が解決してくれる。

チャレンジだからこそ気づけたことです。

最後にひとこと

仕事がキツッキツで擦り切れそうになっているあなたへ。

この記事が参考になれば幸いです。

よろしければ、コチラもお読みください。


一部上場企業にて女性管理職18年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら