非常時でも働いている人たち 私たちの生活を支えてくれていることに感謝

広告

大型で勢力の強い台風が、日本列島に接近しています。

前日から様々な対策が施されていて、交通機関の計画運休や店舗の臨時休業などが次々発表されます。
懐中電灯などの非常用品、窓ガラス飛散防止のための養生テープ、備蓄食料の調達…といったワードがネット上でも飛び交っています。

できる限りの備えをして、想定されるリスクを回避して、安全な場所にいる。
とても大切なことです。

当日になり、実際の被害状況が報道されると、さらに危機感が増します。

我が勤務先チームは、そんな時でも業務を実施しなければなりません。
携わっているのが医療分野だからです。

非常時でも働いている人たち。

ITが進化していても、昨今の"働き方改革"で話題になっている「テレワーク」にできない仕事ってある。

そこに従事されている方々がいるからこそ、私たちの生活が支えられているとも言えます。

必要な設備があって、対応するためのプロフェッショナルが居て、その場にその人が居なければ成り立たない仕事
頭が下がります。

私は今回出勤をせずに済みましたが、プロフェッショナルな部下さんたちが業務にあたってくれています。

計画運休で帰ることができないのに、出勤してその後は宿泊して。
どれほど不安なことでしょう。

私にできることといったら、無事を祈ること、労をねぎらうことくらいしか思いつかず申し訳ない。

どんな時でも休むことのできない仕事というのは、無くならない。

世の中の、そうした仕事をされている全ての方々に、あらためて感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら