2019年夏 冷夏なのか猛暑なのか? ここ3年の夏を振り返ってみる

広告

2019年7月。前年はとうに梅雨明けしていたのに、毎日肌寒く曇天が続いている。

今年は、冷夏なのかなー?

ここ3年間の夏の様子を振り返ってみます。

2017年夏

2017年は、冷夏でした。

暑くなるとプールやら海やら、夏ならではのバカンスを楽しんでいますが、この年はほぼ、どこにも出かけずに終わってしまいました。

2018年夏

翌2018年は、打って変って猛暑の連続。35℃超えな日も多く大変でした。

渦中の際に書いた記事はありませんが、「空の移り変わり」を画像と共に記事にしていました。猛暑ゆえか?空の色も際立っていた。

そして、2019年夏は?

2016年以前は、しばらく冷夏な時期がなかったように記憶しています。
その後、2017年→冷夏、2018年→猛暑…となっているので、この繰り返しが続くと、2019年は再び、冷夏?

7月中旬に差し掛かっているとはいえ、連日気温は25℃未満。海、プールどころではありません。

カンカン照りで「暑っ」と言いながら過ごす夏が好きなので、少し寂しい。
夏らしい曲を聴くのも楽しみですが、なんだかそんな気にもならず。

今日の一言

自然の営みとは、計り知れない。

暑い夏、涼しい夏。それぞれにその年を象徴するように。
夏の様子は、ある意味「ベンチマーク」でもあるんだろうな。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら