名古屋駅前のビルが素晴らしい JPタワーとJRゲートタワー

JPタワー名古屋

本日は名古屋でお仕事。
チームメンバーの一人が名古屋で勤務しているので、定期面談です。

名古屋のメンバーは少し難しい気質の方なので、ちょっと緊張しながら面談場所に向かいました。

よろしければこちらの記事もお読みください。

待ち合わせは、JR名古屋駅前に連なる複合ビル、名古屋JPタワーです。

名古屋駅前の素晴らしいビル群

改札口を出るとまずはデパートの「JRタカシマヤ」のビルがあり、続いて「JRゲートタワー」。このあたりは、JRのビルなのですが、その奥が「名古屋JPタワー」。

その名のとおり、いわゆる、”日本郵便”のビル。東京都内にも八重洲にあります。
愛称が「KITTE」つまり、”切手”なのです。

名古屋のJPタワーは2017年4月に全面開業。まだ出来立て間もなくともいえます。
空間が広くとってあり、とても快適です。

手前の「JRゲートタワー」も素晴らしいビルですが、こちらは後述します。

少しずつメンバーとの距離を縮められた

肝心のお仕事(笑)ですが、名古屋のメンバーとFtoFで会うのは三回目。彼女達のサポート担当が何度も交代して、ワタシは5代目くらいのようで、とっても不安をもっていました。
しかも、ただでさえ難しいお方…。とにかく、コミュニケーションに徹しようと思い、対話をしてきました。

今日は、お伝えしなければならないテーマも少し難しい内容のものが多く、せっかく少しずつ近づくことができそうなのに、また遠くなってしまったらどうしよう…と、ちょっとドキドキしながら話を進めていきましたが、とりつくろってもしゃーない。体当たりでいこっ。と臨んでみたら、幸い、終始笑顔で応じてくれました。

会社の管理体制がちゃんとなってなかった点もあり申し訳ないこと多々なのに、本当にありがたいです。

金の鯱椅子”オブジェ”

名古屋駅まで少し経路が入り組んでいるため、彼女が最短ルートを教えてくれるということで、案内してくれました。

途中、ビルの1Fから突き抜ける「金の鯱椅子」なるオブジェを案内してくれ、さすが名古屋ー。思わずパシャリと撮影しちゃいました。
JPタワー名古屋にある、金の鯱イス

1~2Fが吹き抜けになっており、上から撮影したので一部分になっちゃいまいしたが、この”麓”が椅子なのです。座っている方々がいました。

JRゲートタワーでランチ

その後、彼女とは別れ、手前のJRゲートタワーでランチにしました。
コチラのビルも2017年4月開業。オトナリのもう一つのビル、「名古屋セントラルタワー」とも接続され、このタワーにはマリオットアソシアホテルがあります。

今まで名古屋に来る機会がほとんどありませんでしたが、さまざまにリニューアルされた今年なのですね。ほんとうに素晴らしいビル群です。

先日プロブロガーの、たち(立花岳志)さんがブログでご紹介されていた、JRゲートタワー13Fにある、「Johnnie’s Brasserie」にとっても行ってみたく、本日訪れることができました。

入口の雰囲気が素敵です。
名古屋駅前 JRゲートタワーのレストラン、Johnnie's Brasserie

ランチメニューはパスタのカジュアルコースと、一品料理にベーカリー・ビュッフェがオプションでつけられるコースと二種類あるのですが、昨日パスタを食べたばかりのワタシ。
一品料理のほうにしました。

お肉やお魚、サラダメイン、バーガー…など、いろいろなメニューがあって楽しいです。
Johnnie's Brasserieのランチメニュー

お腹の減り具合から、パンの食べ放題は残念ながらあきらめ、「本日のキッシュ」にしました。ドリンクはオレンジジュース。
Johnnie's Brasserieの本日のキッシュ

ふわっふわのキッシュが絶品!つけあわせの、「オーガニックミックスグリーンのレモンビネグレット」も、自然の素材を活かした爽やかなテイストのソースがとってもおいしかったですw

今回は残念ながら窓際席ではなかったですが、とっても眺望がよさそう。
機会があれば今度は、夜景をながめながら、おいしいディナーをいただきたいなー。
Jhonnie's Brasserie 窓際席

関連ランキング:ステーキ | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

今日の一言

進化する複合ビルと、そこで活動するさまざまな人々。
ビジネスだったり、ショッピングだったり、お食事だったり…ビルとともに楽しい生活を送れるって、ありがたいものです。

ビルさんたち、これからも末永くよろしくねー。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆100年ライフサポーター/ブロガー/いろいろ学び人☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら