ご無沙汰していた元部下さんの近況を知る 年賀状を続けていてよかった

広告

ここ数年、年賀状を出そうか止めようか悩んでいました。
でも、今回も出すことにした。

同じように惑っている方々もいるのかな。
元旦に届いたそれは、いつもに増して少ない枚数だったように感じます。

ワタシが受け取ったのは20枚弱。
3分の1くらいが親戚からでしたが(笑)毎年かならず元旦に届く、元部下さんからの年賀状もありました。

元部下さんと、かれこれ16年

彼女とは入社時期がほぼ同じ。もう16年来のお付き合いです。

現在は三人目のお子さんをご出産後、育児休業中。
保育所になかなか入所ができなかったようで、その期間を延長されています。

ここ数年はリーダーとして頑張ってくれていましたが、ワタシが部署移動をしてしまったため、直接のかかわりはなくなっていた。

それでも、毎年の年賀状で近況を知らせてくれ、きっとこの4月には復職されてくるのかな?と思っていました。

そして、今年の年賀状に書かれてあったこと

可愛らしい三人のお子さんのスナップショットや、ご家族全員の記念写真が埋め込まれている、いつも楽しそうな葉書。
そのスキマに、びっしり手書きメッセージが記されています。

  • ご主人が転職して、遠方に転居したこと。
  • 子育てを優先しようと、退職を決意したこと。
  • 直接挨拶をしたいのに、年賀状での報告となり本当に申し訳ありません。

…etc.

そうだったのねー。ビックリした。
会えずじまいかぁ…残念だなあ。

そして、一番下に書かれてあったこと。
「ねーさんには、本当によくしていただき、今でも感謝の気持ちを忘れません」

涙が溢れてきました。

ずっと一緒に苦労してきて、これからもその活躍する姿をかたわらで見守りたいなー。と思っていたけれど。
これまでの16年の思い出が、走馬灯のようによみがえってきます。

彼女にはすでに、ワタシも年賀状を出しているので、
心の中で、ありったけの感謝とエールを送ろう。

これまで本当にありがとう。遠くからになっちゃうけれど…応援してるよ。

今日の一言

元部下さんの新たな旅立ちを知ることができたのも、年賀状のおかげ。
これからも、出し続けるとしよう。

あらためて誓った、2019年の年始です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら