『たろうのようかん』 金沢土産にいただいた一口ようかん 洋風のテイストが楽しめて嬉しい

広告

ブロガー仲間のさわこさんと、先週土曜日にお会いすることができました。

さわこさんは金沢で「スタジオseri」というレンタルスペースを経営していらっしゃる素敵な方。

いつもSNSでやりとりさせてもらっていて、まるで毎日会っているような間柄(笑)なのですが、リアルにお会いできるのは、とても嬉しい。

お土産にいただいた「茶菓工房たろう:たろうのようかん」がめっちゃ美味しかった!
さっそくご紹介します。

茶菓工房たろう

このお店のことは知りませんでしたが、お土産をいただいて、あらためてホームページを見に行ってみました。

2005年に創業した金沢の和菓子屋です。茶菓工房たろうではチョコレートの羊羹やマカダミアナッツを使ったお干菓子など新しい感覚の菓子を作っています。

金沢の和菓子ってどれも魅力的なものばかり。

伝統的な「羊羹」に洋風のテイストを加えているという点に、とても惹かれました。

さっそくいただきました

カカオチョコ、ピーナツバター、ホワイトチョコの三種類セット。一口サイズなのが嬉しいw

まずは「ピーナツバター」をいただきまーす♪

中袋真ん中に切り目が入っていて開けやすい。

ほんのり「ピーナッツの彩り」&中にピーナッツの”ツブツブ”が混じっています。食感はやわらかくて、それこそ「一口」でぱくっと食べちゃいましたw

お次は「ホワイトチョコ」
なんて真っ白なんだろう!お味も、ホワイトチョコそのもの。
でも、ようかんなので、しつこくなくてチョコよりさらに食べやすい。

最後にカカオチョコを食べようと思ったのに…いつの間にやら夫の胃袋へ…
くーーーっ!食べる前に言ってよねー(汗)

今日の一言

「たろうのようかん」美味しかったー!

パッケージも可愛らしく、金沢に行かれる際はぜひおススメのお土産です。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら