部下さんが気になっている疑問 コトの大小にかかわらず必ず答えを返す

広告

部下のMさんが給与関連の事項で不明点があったようだと、数ヶ月前にリーダーから報告がありました。

なんでも、以前社内の担当者に相談したところ「確認します」と言われたっきりそのままになってしまっているとのこと。

再度、その担当者にワタシから訊ねると「確認中なので少々お待ちください」と変わり映えのしない返答。

自分が完結できることなら良いのですが、複数の関係者が関わって、最終判断するのが別部署の事項(今回の場合は人事部)だと、どうしてもこのようになってしまいがち。

そして1か月経ち、2ヶ月経ち‥どんだけ時間かかってんだー!と怒鳴り込みたくなるのをグッと堪え。

あらためて聴いてみると、
「時間がかかっていて‥もう少しお待ちください」
まるで"壊れたレコード"の如し。

Mさんはワタシに直接は言って来ないのですが、リーダーに「もう、あきらめています‥‥」とこぼしていたらしく。
しかも、周りのメンバーも心配して、
「もう。どうなってるんだろーねー。うちの会社ってばさー」
っと、負の連鎖に陥ってしまっている様子。

イカンイカンイカン!
信頼のほころびっていうのは、こういうトコロから拡大するのよぉ〜。
焦る気持ちが募ります。

仕方ないから奥の手だ。
長年の勤務で培った「ねーさん情報網」(笑)を駆使して、あちこちチョコチョコネチネチと突いてみたところ。

やーーっと回答がきました。
やはり手続きのミスがあったようです。
いちばん最初に疑問を呈されてから、4か月近くもかかっちゃったよー。

Mさん、すまぬ。

ご本人を呼んで深くお詫びするとともに、コトの次第を説明すると。
Mさんニッコリ微笑んで、
「お手数おかけしてしまい、すみませんでした。」とペコリ。

なんとフトコロの広いお方なんでしょう。

そんなMさんに要らぬ心配をかけてしまったことを、ほんとうに申し訳なく思いました。
その後、周りの「連鎖」もなんとか落ち着いたようで、やっと一件落着。

ふー。

でもこんなこと、二度とあってはならぬ。

部下さんたちが気になっていること。疑問に思っていること。
中身の大小にかかわらず。

とにかくひとつずつきっちりお返しする。
もらいっぱなしには決してしない。

あらためて、こういう積み重ねが大切なのだと反省です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら