期末を迎えて何かとバタバタ でも、節目があるから引き締まる

広告

ワタシの勤務先は9月決算。もうすぐ今期を終えようとしています。

いわゆる年度末。今月に入り、もうワチャワチャバタバタ。

  • 売上は予算達成できそうか?
  • 来期の事業計画資料、急に訂正を求められる。
  • メンバー達の業績評価、◯月△日までに人事部へ提出

‥‥etc.

それに加えて、先月末に大掛かりなインフラ変更をして、まだまだ安定運用に至っておらず。

日常業務でつねに起こるトラブルや人間関係の課題も相変わらず。

アーデモナイコーデモナイ。
例年、まるで「運動会」のごとし。

世の中のカレンダーになぞらえると、9月30日がツマリ我が社の大晦日。
今年は、数ヶ月前に異動してきたばかりの部署で迎えるから、どうにも様子が手探り。

そんなとき、リーダーさんがさっそくメンバーに向けて
「もうすぐ期末だけど。来期もますますがんばろー。おーっ!」
ってなメールを一斉送信してくれた。

頼もしーなー。

よし。ワタシも踏ん張るぞ。
大変だけど、このバタバタがないとなんか引き締まらない。
節目って大切だね。
意外と楽しんでいます(笑)

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら