不安は、"不安に思う"から、不安になるのだ

広告

2019年4月に就職を控えた我が息子。

これまで紆余曲折ありましたが、おかげさまで内定先も決まり、あと半年あまりの来るべき社会人ライフに備えている様子。

ここのところ日中は、インターンシップに参加していて、家でも一生懸命に資料とかを作っています。

そんなに根を詰めなくても‥と思うほどの集中っぷり。

インターンシップとはいえ、労働。
夕方に帰宅後は夕飯を爆食いして、ワタシが帰宅する頃には、すでに爆睡中。
まだ20時前なのに。

疲れてるのではないか。
メンタルが落ちているのでは?
無理しているんじゃないのかしら?

いかんいかん。
"不安オバケ"が襲ってきます。

自分のことは、めっちゃオメデタイ人なのに、
息子のこととなると。

心配ばかりが先立ちます。
不安ばかりよぎります。

以前、突然に行方知れずになってしまったことが、どうしてもフラッシュバックしてしまう。

夫に相談してみます。

心配し過ぎたら、かえって良くないから。
毎日仕事しているみたいだし、気にしない方がいいのでは?

そうなのだ。
私が不安に思うから、どんどんその方向に引っ張られてしまう。

『不安は、「不安に思う」から、不安になるのだ。』
今ココ。に集中して、マインドフルネスに見守ろう。

ちょっと気持ちが軽くなってくる。

でも、また心配になり‥‥
行きつ戻りつ。

息子のこととなると。なかなか難しいものです。

ふと部屋を見てみると。
何やら白い粉が散乱している。
ななな、なんだ?コレは?

しかし、よく考えたら。
冷凍庫にあった「雪見だいふく」がなくなっている。

なんのこっちゃない。「雪見だいふく」の粉じゃないのぉー(笑)

不安に思うから不安になるのだ。
確かにそうだわー。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら