会社員の夏休み 今年はピークのお盆時期を外して取ります

広告

ワタシの勤務先は、全社一斉の夏季休暇ではないため、個々にスケジュールを立てて休暇取得します。

世の中的にも、ボチボチ各会社のみなさまがお休みを取り始めているのか、通勤電車も普段よりは隙間があるような感。

これまでのワタシですと、クライアントさん対応の業務を多く行っていて、クライアントさんたちも大体お盆近辺にまとまった休暇を取られる場合が多いため、毎年自分の休みもその時期に合わせていました。

とはいえこの時期。ご存知のとおり、休暇中の方々が一挙に激増するため、行楽地や乗り物は大混雑。
旅行に出るのに通常期の2倍近くも費用がかかることも。
その代わり、会社からのメールもほとんど飛んで来ず気持ちは楽です。

混雑を取るか?気楽を取るか?
ワタシはいつも後者を選んでいた。

現在の部署ではクライアントさん対応がほとんど無く、そもそも24時間365日稼働のため、ある意味いつ休んでも一緒。
なので、長い社会人生活初と言ってもいいくらい、お盆時期を外して休むことにしました。

さてはて。どれくらい混雑緩和となるのか?
またブログに書いてみたいと思います。

ちなみに今年、2018年のお盆。

これに、2016年から新たに祝日に制定された「山の日」が8月11日(土)なので、ここからお休みとなる方々がほとんどのようです。

この期間、都内のとくにオフィス街は案外空いてたりするらしい。
普段混雑して入れないようなお店にランチに行くのも良いかもしれません。

お盆期間の出勤もちょっと楽しみになってきましたw

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら