【日曜日の過ごし方】予定を入れずノンビリ過ごす 会社員36年、私のリフレッシュ法

広告

こんにちは。会社勤め36年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

月〜金は仕事、土日は休み。この働き方をやってきて長年経ちます。

土曜日はなんでも好きなことを思いっきりやったらよくって、日曜日は基本的に予定を入れずノンビリ過ごすのが、私のリフレッシュ法。

ご紹介します。

土曜日は目一杯活動する

まず、土曜日について。

家の片付けや大量の洗濯物や、平日に溜まっていてできないことをついやりたくなりますが、土曜日はとにかく好きなことを思いっきりやるようにしています。

具体的には、遊びに出かけたり、セミナーに参加したり。

仕事から離れてやりたいこと好きなことに目一杯活動。帰宅が夜遅くなったとしても、あとは寝るだけでOKって考えて、フルに時間を使うとよい。

私は自宅から日帰りで行ける伊豆方面に、しばしば出かけたりしています。

一方、日曜日は極力ノープランに徹するのです。

なぜ、日曜日にノンビリ過ごすのがよいか?

月〜金で目一杯働いて、土曜日に目一杯遊んで。脳内がパツンパツンになっていることも確か。

日曜日まで目一杯過ごしてしまうと、頭が休まる暇がありません。

とにかく日曜日はほぼ何も考えずに脳内をできる限り空っぽにする。次に始まる月曜日からに備えて、この「脳内お掃除」ってかなり大切です。

家事を片付けるのもいいし、スーパーに買い物に行ったり、散歩したり。
行動範囲をあまり広くせずに近場で過ごすのが、脳内リフレッシュするのにはよいのです。

あと、私は美容院は必ず日曜日に行くことにしていて、髪型を整えてもらうのも「次の一週間も頑張るよぉ」という気持ちになれる。

日曜日に講演会やzoom飲みのお誘いをもらうこともありますが極力お断りして、一日中家族と過ごすことも優先しています。

日曜日の過ごし方を決めた理由

無理をしてもさほど後に残らない若い世代の時は、もちろん、こんなふうに土日の過ごし方を分けてやってきたわけではありません。

年を重ねるに連れ、また、家事や育児などおこなうべきことも増えてくると、無理が効かなくなってきます。

こういう過ごし方をしようと決めたのは、40代の半ばくらいになってから。
続けていると、不思議と月曜日が来るのがさほど苦にならなくなる。

会社員36年やってきて自分なりに決めてきた、リフレッシュ法だともいえます。

最後にひとこと

とにかく、日曜日には新しい何かを始めたり、遠くまで行ってみたり、そうした「よっこらしょ」というエネルギーを使わずに、ノンビリゆるっと過ごすこと。

人間、走りっぱなしでは上手くいかないものです。

月曜日が辛いなぁと思うときに、よろしければぜひお試しください。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら