ワークライフバランス パパにも大切にしてほしいな

会社に人事異動はつきもの。
とくにトップダウンでくる事案はややこしいものです。

とある日、ボスに呼ばれました。
「となりのチームのR君だけどね。ちょっと今の仕事厳しいから、ねーさんのとこでお受け入れくださいなー。本人には言っといたから。」

唐突な話でビックリしましたが、まぁ、人が増えるのはアリ。

さっそくRさんと面談しました。
ところが‥‥。

ワタシの部署はシフトなので、土日勤務が定期的に発生します。
一方、Rさんはご夫婦共働きでお子さんもまだ小さく、かつ、奥さんは土日がお仕事のためシフトは厳しいとのこと。

「ボスもご存知なはずなのに、今回のお話しショックです‥‥」と青ざめちゃってる。

おいおいボスさん。どうなってんねん。

「とにかく奥様とご相談してみて、もう一度話しを聴かせてね。」と返したものの。
家庭や家族のことって大事。無理にそれをないがしろにして仕事しても、いいことは無いぞ。

ボスと再び話しをします。

「Rさんのご家庭状況から厳しいですよねぇ。ご存知かと思いますが。」
すると、ボス「そりゃ分かってるけどさー。とりあえずトレーニングしてみたらどう?」

そこでワタシはぶち切れた。

「とりあえずって、なんですかーーっ!!本人のご家庭だって大切だし、無理な可能性高いのにトレーニングする側のメンバー達の気持ちも汲んでくださいな。」

その剣幕にボス、シブシブ再考を了承。
結局、他の関連会社も含めて広くお受け入れ先を当たってみることとなりました。

最初からアチコチ調整してから本人への通知でしょうが‥‥。
なんともヘタクソなお方(笑)ま、そんなことはさておき。

人の異動というものはなかなか難しいものですが、まぁ、適材適所とも申しますし。
Rさんが再出発できそうなポジションが見つかるといいな。

なによりも「ワークライフバランス」、パパにも大切にしてもらえるような組織でありたい。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら