【正社員最後・定年退職の日】人生100年時代のただの通過点

広告

こんにちは。女性管理職18年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

正社員最後・定年退職の日を迎えました。

とはいっても、再雇用制度で翌営業日からも変わりなく働く日々、職位も責任も同じ。あえて違いを言うならば「正社員」から「契約社員」に雇用形態が変更となることくらいです。

そのせいか実は全く実感ないのですが、せっかくだから記事をしたためることにしました。

正社員最後・定年最後の日 何をやっていたか?

まずは最終日に何をやっていたか?と言いますと。
ここ数ヶ月、業務山盛り課題も山積でテンテコ舞いが続いていて、最終日だろうがお構いなしのバタバタ状況。

気づいたら”本日の業務終了”となっていて、感慨にふけっている間もありません。

帰りの通勤電車に揺られているときに、ふとこれまでの38年間が走馬灯のように蘇ってきます。

新卒で社会人になって、途中、夫の転勤や出産やらで余儀なく転職せねばならず、アルバイト社員で凌ぐ日々もありつつ、夢中でやってきてのこの日。

人生100年のうちのたったの60年。バトンリレーの通過点みたいなものです。

ここまでの自分を褒め称える

とはいえ。

ここまでやってきた自分、結構すごい。

普段は自分を褒め称えるって滅多にしないのですが、この日ばかりは違いました。

会社員人生の節目までやり遂げたこれまでの人生を誇ろう。

会社員なんてツマラナイ。社畜だ。そんな巷の風潮もなんのその。私にとっては会社員ってサイコーなのです。

何よりも、この人生はまだ終章ではなく、次章も次々章も続いていく。

そのチャンスをくれた我が勤務先。環境にも恵まれました。

自分1人では成し遂げられないこと 支えてくれた人たちへの感謝

もちろん、ここまで自分1人でやってきたのではなく、たくさんの人たちに支えてもらってこそ、成し遂げられたこと。

ずっとお世話になってきた人。あるときまで関わってくれたけれど、あるときから道を違えて今はどうしているのかわからない人。つい最近出会った人。

一人一人の顔を思い浮かべながら、あらためて感謝の思いです。

最後にひとこと

定年退職の日。

よくドラマなどで描かれているのが、職場の仲間が一堂に介して拍手と共に花束を渡す…といったシーンですが、何せ定年退職しても次の日も変わらず働く私だから。

特にこれといったセレモニーもなく、いつも通り「お疲れさまでした」と退勤する予定でした。

すると。

部下さんたちから急に会議招集がきて、あらら、また何かトラブル発生かしら?とドキドキして臨んだところ、
いきなり「ねーさん!還暦おめでとうございます」とサプライズ。

プレゼントにシャネルの香水をもらって、感無量です。

「これからもお世話になります」かわいい部下さんたちが口々に言ってくれて「これからもお世話しますよー」と返しました。

明日からニューバージョンのねーさんになるけれど、よろしくね。

頼ってくれている部下さんがいるからこそ。私の会社員人生に終わりはないのです。

一部上場企業にて女性管理職18年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら