部下のやる気を削ぐ上司の残念な発言 やる気をもたらす表現との対比

広告

こんにちは。女性管理職17年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

管理職業務以外に実務を回さねばならない状況で、アップアップな日々が続いています。

日頃は部下さんたちのサポートをする立場ですが、それどころじゃなくって、自分の上司に支援してもらわなければ立ち行かない。

相談したときに我が上司の残念な発言の数々に愕然としましたが、あることに気づきました。

こんなふうに言ったら部下さんのやる気を削ぐんだ。逆にどんなふうに言ったら部下さんのやる気をもたらすのか。

ご紹介します。

部下のやる気を削ぐ発言 ポイント

まずは、そのポイントから。自分が「やる気を削がれた」今回の経験からまとめます。

ココがポイント

  • 単に「頑張れ」と言う
  • 上司自らが「私も大変な中でやっている」と自己主張する
  • 第三者に対して自分のことを「もっと役割を果たしてほしい」と吹聴する

さらに詳しく解説。

部下さんに何かメッセージを出したい。上司ならばそう願うものですが、伝えるのにどう表現すればいいのか?という点も「言われた立場」から感じたことを書き添えます。

単に「頑張れ」と言う

かなりいっぱいいっぱい、なんとか助けてもらえないかと上司にSOSを出しました。

すると。

「ねーさん。仕事が無いより有るほうがいいでしょ。頑張れ」と返されます。
加えて、空いているリソースがどこかにいないか探してもらえませんか?とお願いしたところ、私が説明した仕事内容に対して「そんなルーチン業務に対応できる人はいません」と一蹴。

悲しくなりました。

【大変だね。お疲れ様。
助けてもらえる人がいないかどうか、ちょっと探してみるね。見つからなかったらごめん】

そんなふうに言われたら納得できるんです。

上司自らが「私も大変な中でやっている」と自己主張する

とにかく困っています…と訴えるも、我が上司。

「私も大変な中でやっているから同じです」と返されます。

いやいや。あなたがどう大変なのかなんてことを聞かされたいのじゃなくて、とにかく私が大変なのだといいうことを認識してほしいだけなのよ。

もしかしたら、彼なりのモチベートの仕方なのかもしれませんが、残念ながら逆効果。

【お互い大変な中でやっていてご苦労様だよね】

そんなふうに言われたら、全く違和感ないです。

第三者に対して自分のことを「もっと役割を果たしてほしい」と吹聴する

極めつけは、第三者に対しての発言です。

ある事象について社内の関係者間でやりとりしている際に「ねーさんにさぁ、もっとキチンと役割を果たしてほしいんですよねぇ」と、我が上司が吹聴しているじゃないですか。

もしかしたら、それを見た私が何かに気づいてくれるのではないか?と推し測っての発言かもしれないですが、そんなの期待されても困ります。

上司が私本人に直接言えばいいこと。他の誰かを巻き込むことではありません。

部下さんのやる気をもたらすただ一つのことは「寄り添い」

ここまで、私がやる気を削がれた経験と、どう言ってもらったらそうならなかったのか?についてをお伝えしてきました。

我が上司の振る舞い是非はさておき、あらためて実感したこと。

それは、部下さんのやる気をもたらすただ一つのことは【寄り添い】

励ましでもなく、モチベートでもなく、とにかく気持ちに寄り添う。

ソコをしっかり捉えたら「頑張れ」とか「私だって大変なのだから」とか、そんな言葉がいかに無用なのかが解ります。

最後にひとこと

「親と上司は選べない」とはよく言われるものですが、悪いことばかりじゃありません。

少なくとも。

我が上司が反面教師となり、部下さんとのより良いコミュニケーションについてを振り返るきっかけとなったのは確かです。

一部上場企業にて女性管理職17年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら