管理職だって初めて経験する業務もある 頑張っているあなたへ 自分褒めのススメ

広告

こんにちは。女性管理職17年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

長年管理職をやっていても、初めて経験する業務ってあります。
今の私がまさにそんな試練に直面していてアップアップの日々。

私と同じような管理職のあなたへ。

苦しいときには、ぜひ頑張っている自分を褒めることをオススメしたく、この記事を書くことにしました。

「管理職だから、できて当たり前」部下さんからのプレッシャー

まずは、どのように私がアップアップしてしまっているのかについてご紹介します。

新たな業務を実施する必要となって、部下さんたちは皆多忙。プロジェクトリーダーにアサインできるリソースが探せず、仕方なく部門責任者である私が対応をすることとなりました。

お恥ずかしながら自分自身がおこなったことのないもの。

そんな私の心の葛藤などお構いなしに「管理職だから、できて当たり前」と周囲からは見られていて、部下さんたちの心情としてはおそらく「お手並拝見」ということなのでしょう。

ある意味、完全アウェー。

プレッシャーで押し潰されそうになりつつも、とにかく前に進むしかありません。

解らないことは慣れている部下さんたちに「ちょっと教えてもらえますか?」と訊ねてみます。「そんなことも知らないんですか?」的な雰囲気が漂いつつも、なんとか聞き出しつつ lessons&learnsです。

「管理職だから、頑張れ」上司からのプレッシャー

加えて、自分の上司にそんな心情を吐露してみるも「ねーさん。管理職なんだから頑張れ」と一蹴されて終わりです。

部下さんからも「やって当然」上司からも「やって当然」で八方塞がり。

ちなみに、私だったら管理職である部下さんから同様な相談を受けたとしたら「やって当然」とは返しません。
どんな職位だったとしても、まずは頑張っていることを労うのが私の心情。

しかし、上司とて私と同じ考えの人ばかりとは限りませんから、仕方ないです。

未経験を経験値に変えた自分を褒める

やってみて2週間ほど経った頃でしょうか。

未経験で四苦八苦しながらも必死に取り組んできたら、いつの間にか経験値に変わっていることに気づきました。

例えば、

  • 知らなかった手順を習得
  • 知らなかったシステムを使いこなせている
  • この業務特有な「困ったときの対処方法」が身についた

…etc.

正直まだまだいっぱいいっぱいなのですが、何かしら新しいことを達成してきた自分を褒め讃えよう。

閉塞続きの気持ちがパッと明るくなりました。

管理職だからといって、頑張りすぎなくてもよい

管理職って、ある意味孤独なものです。

かなりやりきったと思えることでも周りからは当然だって言われて、それも管理職の宿命かもしれません。

でもね。

頑張りすぎなくてよくって、頑張っても誰にもコメントされなくても「自分褒め」を心掛けたらよいです。

なぜ管理職をやっているのか?自分自身の中で日頃からまとめておいたら、さらに気持ちを整えることができます。

最後にひとこと

お恥ずかしながら今”初めてづくし”で本当に苦しい状況にあるのですが、それでも何かしら見出したらやりがいに変えられるから。

仕事においても「明けない夜はない」って、あらためて実感です。

一部上場企業にて女性管理職18年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら