「あなたは頑張っている」苦労している同僚にかけるとよい言葉

広告

こんにちは。女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

管理職の同僚が様々困難に遭遇して苦労している姿。

会社勤務をしているとそんな様子を見かけることがあります。どんな言葉をかけるとよいでしょうか?
それは「あなたは頑張っている」

私が経験した事例も交えてご紹介します。

「あなたは頑張っている」伝える相手とその意味

この言葉をかけるのは、相手が同僚の場合。

「あなたは頑張っている」には「いつもお疲れさま」という意味が込められていて、その先に何かの提案や解決を促すのではなく、ただただ労うときに使います。

相手が部下さんだったら、もちろん労いの言葉はかけるのですが、それだけでは済みません。
何に困っていて、どう解決すればよいか、そのためには何をすればよいか。上司はサポートする必要があるからです。

「あなたは頑張っている。以上」だけでも、同じ立場同士だからこそ心に響くもの。

実際にこの言葉をかける機会がありました。

頑張っているのに苦労が絶えない同僚

管理職仲間である同僚、仮にAさんとします。

Aさんの統括する部署は困難続き。そもそも前任者が急に退職してしまい、ほぼ引き継ぎもなくバタバタと彼の責務が始まったのが発端でした。

前任者にひきづられるように続けて辞めていってしまった部下さん、軌道に乗りかけていたプロジェクトの頓挫…次々起こる事態で日に日に疲労していく様子が心配でなりませんでした。

上司が手助けしてあげればよいのに、彼の直属上司はなかなかに厳しいタイプ。

穏やかな人柄のAさんはますます抱え込んでしまって、でも一つ一つ懸命にこなしている姿を見て「あなたは頑張っているんだから」気が付いたら私の口からその言葉が出ていたのです。

声をかけたあとの相手の反応

もちろん、それだけでAさん元気回復…ということはなく、「ありがとう」と力無く笑うだけでした。

それぞれ別々のラインを管理しているから、他に自分ができそうなことって見つからなくって申し訳ないですが、何かのときに「誰かが気づいてくれている」ということを思い出してもらえたら嬉しい。

もし自分が逆の立場だったら…と考えてみて、問題解決するのには自分が頑張るしか方法がないんだけれど、同僚から「ねーさんは頑張っている」って言われたら、いっときでもホッとできそうです。

しばらくしたら、また同じ言葉をかけてみることにします。

最後にひとこと

管理職って、意外と孤独なものです。

もちろん、部下さんたちに囲まれてはいますが、責任だったり役目だったり自分が背負うべきことが多い。

同僚もきっと同じ思いを抱えていることでしょう。

お互いに忙しい状況で、相談に乗ったり乗られたり…という時間が取れなかったとしても「頑張っているね」と声をかけあうだけでも励みになる。

Aさんの課題が上手く解決してくれることを祈るばかりです。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら