企業の責任者ポジション「繰り上げ当選」や「代理」はありがち 悔しい思いをしたときの思考法

広告

こんにちは。女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

新たな責務を担うことになって、それはそれでやりがいを感じられるのですが、上司から言われたのが
「ねーさんのポジション名は『代理』ね。よろしく」

一瞬我が耳を疑いました。「代理」って何なんだ?

こういうことって、会社勤めしていると残念ながら経験するもの。悔しい思いを引き摺っていたところで詮無い。

どうせだから、自分の経験を振り返りつつ、思考法を整理してみることにしました。

責任者ポジションに就くときに「繰り上げ当選」はありがち

管理職となって数年経ったときに、部門責任者のポジションに就くこととなりました。

当時その責務を担っていたかつての上司が退職してしまい、会社も困ったのでしょう。
クローズアップされたのが、その上司の直下に居た私。ある意味「繰り上げ当選」みたいなものです。

ま、それも仕方ないし逆にチャンスもらえたって考えればよい。

周囲の責任者仲間と話をしていても、多かれ少なかれみんな同じような羽目に至っているようで、口々に「突然上司が居なくなった」と言っているのを聞いて、なんだか笑ってしまいました。

「なんであの人が?」という思考は止めたほうが楽

一方「なんであの人が?」と訝ってしまうような人事があることもしょっちゅう。

"繰り上げ当選"ならば、なんとなく「あ、そっか」と思えたりしますが、突然どこからともなくやってきた人が重責を担うことになって「次は自分のところにお鉢が回ってきそう」だったつもりが、言い方が適切でなくてすみませんが「トンビに油揚げをさらわれた」みたいな事象もままあります。

指名するヘッドも人間ですから、ある意味好き嫌い的なことがあっても仕方ありません。

肝心なのは、自分がどれだけの力量を持てているのか?と冷静に自身で捉えること。
できていないことがあるならさらに研鑽すればよいし、できているならば次の機会を待てばよい。

「なんであの人が?」っていう思考は不要だし、そんなこと考えたって意味ないので止めたほうが楽です。

「代理」と言われて悔しい思いをしたとき

次に、今回の私のように「代理」と言われてしまったとき。

「代理」という職責には、会社毎にそれぞれの概念があるでしょうが、そもそもこの言葉のもつニュアンスから「あなたは一番手じゃない」と宣言された感は否めず。

  • 実際には、この人に一番手をお願いしたかったけれど叶わなかった
  • 消去法であなたにお願いするしかなかった

…おそらく、そんなふうな位置付けにされてしまって、悔しいったらありません。

どんな基準を以ってして「代理じゃない」「代理である」と判断されたのか?まったく解りませんが、そこを問い質そうとしたところで、やはり意味を成さない。

「繰り上げ当選」やら「なんであの人が?」やらと同じで、肝心なのは名称とかじゃなくて、自分がどれほどの力量があって、どう貢献できるのかってこと。

もちろん、処遇などで不利益が発生するようでは問題がありますが、そうでなければ不毛な議論に時間を割かず、粛々と役割をこなすことに専念するのが得策です。

最後にひとこと

こうして文章に記してみると、悶々とした思いにも区切りがつけられてありがたいものです。

今回事例として挙げたことだけでなく、何かと理不尽な人事に遭ってしまったとき。
この記事が参考になったら幸いです。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら