久しぶりの出社で朝テンションを上げる法 通勤ならでは経験できる出来事を楽しむ 

広告

こんにちは。新型肺炎感染拡大防止によるテレワーク推進で、出社機会がめっきり減っている ねーさん(@nesan_blogger)です。

週に一度程度は出社することにしていますが、テレワークに慣れてしまうと、朝から出かけること自体もかなりのパワーが要ります。

そんなときの私の対処法は「通勤ならでは経験できる出来事を楽しむ」

ご紹介します。

通勤ならでは経験できる出来事の例:桜を見る

まず「通勤ならでは経験できる出来事」について。

自分が住んでいる場所ではなくて、通勤先の場所だといち早く経験できること。具体的に今回例として挙げるのは"桜の開花"についてです。

この記事を書いているのは2021年3月。

桜が待ち遠しい時季ですが、この年、東京都内では前年に並んで観測史上最も早い開花(3月14日)となりました。

私は神奈川県に住んでいて、家の近所ではまだ開花していません。通勤先の東京都内に行ったらきっといち早く桜が見られるのかもしれない。

久しぶりの出社、つい「よっこらしょ」っとなりがちな朝テンションをあげるのに、格好のモチベーションになります。

では、実際に桜が見られたのか?

混雑した通勤電車もなんのその、この目標を胸にワクワクしながら、勤務先最寄駅を下車します。

そこから我がオフィスに至るまで歩く道すがら、例年桜が見られる箇所に目を凝らしてみるけれど、残念ながらまだ開花しておらず。

都内の開花宣言スポットである「靖国神社」からは少し離れているので、仕方ないとは思うものの、せっかくこのモチベーション。

気持ちを温めながら仕事を始めます。

開花している場所をネットで探す

昼休みに少し足を伸ばしてみたものの、残念ながら桜には出会えず。

しかし、ここで諦めてはなりません。

都内のどこで開花しているのか?ネットで探してみると、帰り道にちょっと寄り道すれば済む場所にそのスポットを発見しました。

出会えた桜に「出社した甲斐があった」と1日を締めくくる

ビルの手前にある「桜並木」

昼間だったら、さらにクリアに撮影できたでしょうが、夜桜もまたよろし。

まだ五分咲き程度でしたが、出社した甲斐があった。

久しぶりの出社、やれやれだったけれど、これで1日を締めくくることができました。

最後にひとこと

今回は「桜を見る」ことをモチベーションに、出社時の「朝テンション」を上げる法と、実際に目標を果たせたことについて、ご紹介しました。

隣接している地域でも、それぞれの地域ごとに異なる特徴って、季節問わずにあるもの。

会社にいく…という出来事だけでなく、出かけることでの楽しみ。

コロナ禍の時期だからこそ、尚更沁みます。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら