資料の目視チェック プリントアウトはA4かA3か? 違いを比べてみた【女性管理職の仕事日記2019.8.7】

広告

職場チームで日次におこなっている資料チェックを手伝うことになりました。

プリントアウトして目視で確認するのですが、A4印刷が常のところ、隣席の同僚が目をしょぼつかせながら叫んでいます。

「見えないー。A3印刷でお願いします」

すると、メンバーがA3に印刷し直して持ってきてくれる。

「そうそう、これくらい大きくなくっちゃ」

そんなに違うのだろうか?比べてみることにしました。
結論は「違いは思ったほどにはない」です。

紙の大きさ

縦原稿だと、A4の2倍がA3となりますが、今回は「横原稿」
紙の大きさは以下となります。

A3 297×420mm
A4 210×297mm

 

縦・横とも長さが約1.41倍。この違いはかなり顕著ですね。

文字の大きさ

一方、1文字あたりの大きさは以下となります。※10.5pの場合

A3 約5mm四方
A4 約3mm四方

 

違いは、ほんの2mm四方。

数値では大差が無いように思えるけれど、その「集合体」となると、差が大きく感じるのでしょうね。

気の持ちようの違い

私も、メガネをかけないと文字がよく見えない…といった視力です。
しかし、机上で紙がバサバサするのが苦手なので、もっぱらA4派。仕事上で飛び交う資料も、ほぼすべてがA4です。

昨今は何事も画面上で確認することが多いし、職場全体もペーパーレス推奨なので、プリントアウトをすることも減ってきました。

方や同僚は、何事もプリントアウトがお好み。
いつもバサバサやっています(笑)

紙や字の大きさの違い…というより「気の持ちようの違い」とも言える。

もちろん、大きいに越したことは無いですが「コンパクトなものに慣れる」というのも必要かもしれません。

今日の一言

私より少しお年を召している同僚。考え方…というより、年齢的なギャップもあるのかな?

もしかしたら、私も数年後には「A3でお願いしまーす」と叫んでいる可能性もあります。

A4とA3を比べてみて分かったこと。
「違いは思ったほどにはない」

そう心積もりをしておくと"寄る年波"となっても、周囲の環境に馴染もうとするスタンスがもてそうです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら