2021年の幕開け いつもの年と違うことの連続でも、とにかく進んでいこう 

広告

こんにちは。新しい年を迎えて目標設定に悩んでいる ねーさん(@nesan_blogger)です。

この記事を書いているのは2021年1月1日。
前年から続いている新型肺炎・コロナ禍の影響で、年始の過ごし方もいつもの年と違う状況。

この災禍が収束するまで「いつもの年と違うこと」の連続なんだろうな。

それでも、とにかく進んでいこう。

ご紹介します。

いつもの年と違う年始

まず、この年始はどんなことがいつもと違うのか。具体的には以下のような点です。

  • 元旦に必ず訪れていた氏神神社さんへの初詣は、1月2日以降に行くことにした:初詣は元旦が一番混み合うのでそこを避けることに
  • 近隣に住む実家の両親と会うことができず:共にほぼ90歳と高齢のため、できる限り出かけなくて済むようにしたいとの希望により
  • 都内に単身赴任中の夫の弟が帰省叶わなくなった:家族と離れ離れで年始を過ごさなければならなくなった義弟、夫が我が家に呼んで一緒に祝うことにした

どれも些細なことかもしれませんが、これまでのお正月では考えられなかった過ごし方です。

これからもいつもの年と違うことが次々とやってくるのでしょう。ここは堪えるしかありません。

何を目標にしたら良いのだろう…悩んだときはとにかく「一歩一歩」

年の始まりには「一年間の目標」を立てていますが、とにかく先行き不明なこのご時世で、何を目標にしたら良いのだろう?

上手く考えがまとまらない。

前年暮れの仕事納めのときに、そんなモヤモヤした思いを記事にまとめて気づいたこと。

それは「とにかく、一歩一歩進んでいこう」

毎日仕事に行って、家事をこなして、ブログ更新して。
一歩一歩進んでいく。

もちろん、一歩一歩にも小さな目標は存在します。
仕事のやり方や納期だったり、家事の効率化だったり、読者さんの役に立つブログ記事を目指すことだったり。

大きな目標は、コロナが収まったときにあらためて思い描いてみることにします。

最後にひとこと

コロナ禍による世の中の苦難は続いていますが、新たな年を迎えられたことに感謝して。

そして何より、健康に過ごすことを心がけて、とにかく進んでいこう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら