Gmailパスワードの不正使用 二段階認証でも防げないことがある ショートメール通知のとおりに進めて無事回復

広告

こんにちは。ウェブを介した様々なログインには全て二段階認証を設定している ねーさん(@nesan_blogger)です。

使用する度に認証ステップが発生して煩わしい点もありますが、セキュリティ担保のためには必要。

おかげさまで数年間トラブルなく過ごしてこられましたが、とある日にきた「Gmailパスワード不正通知」のショートメールにビックリ。

最初はイタズラメールかと放っていましたが、実際にGmailを使おうとしてみたところ、ログインができず。

この通知は真実だったのだとヒヤッとしました。

ご紹介します。

「Gmailパスワード不正使用」のショートメール

スマートフォンのショートメールに届いた通知はこんな感じです。

何通かに分かれていて、その次のショートメールには「確認先」のURLが表示されています。

こうした通知はしょっちゅうくる印象だし、たいていフェイクなのと、うっかりURLにアクセスしようものならば、次の二次災害に見舞われることもあったり…今回も無視していました。

Gmailにログインできない!

ところが。

その後、Gmailを開けようと思ったらログインができません。そして次のような表示が画面上に出てきました。

さっきのショートメールは事実だったのだ。

とにかく慌てずに、通知のとおりにパスワードの変更をおこないました。

しかし、スマートフォンで再びGmailを確認しようとしてもフリーズ状態のまま。
ここまでの動作が全て何かの不正に踊らされてしまって、さらにやらかしてしまったのだろうか?

焦りました。

パソコンで開いていみて無事回復

一旦、スマートフォンでのログインは諦めて、パソコンで開いてみました。

いくつかの確認事項は出てきましたが、無事ログインすることができて安堵。

再びスマートフォンを見に行ってみると、相変わらずフリーズしたままなので、Gmailアプリを削除、再インストールしました。

すると、ようやくスマートフォンでも使用回復することができ、ようやくこの事態を回避できました。

やれやれ。

ショートメールにきた通知は要チェック

落ち着いて考えてみたら。

通常のEメールにはフェイクな通知がくることがしょっちゅうで、例えばAmazonアカウントだったり、クレジットカードのアカウントだったり。

でも、今回のようにスマートフォンのショートメールにくる通知というのは初めてでした。

全てのこうしたショートメールが事実に基づいているのかは分かりませんが、少なくとも私が今回経験したことはリアルの通知でした。

もしかしたら、二段階認証を設定していたことから、ショートメールの通知をもらえたのかもしれません。

最後にひとこと

どんなに防止手段を取ろうと努めてみても、完全に防止できないのだなぁ。なんとか元通りに使えるようにできてホッとしています。

同様な状況になってしまった方々へ。この記事が参考になれば幸いです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら