仕事と家事で時間に追われる毎日の過ごし方 やらなくてはならない事とやりたい事を織り交ぜる

広告

こんにちは。ワーキングマザー28年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

仕事と家事で、時間に追われてしまう毎日。

「優先順位をつけて進めていきましょう」とはよく言われることだけれど、1日で使える時間は睡眠時間の最低を6時間としても、残り18時間。

どんな過ごし方をするとよいか?私が実際に心がけていることをご紹介します。

「やらなくてはならない事」と「やりたい事」を織り交ぜる

まずは結論から。

【やらなくてはならない事とやりたい事を織り交ぜるとよい】

やらなくてはならない事はこなすしかありませんが、それだけで終わってしまうのは悔しいし、リフレッシュにもなりません。

やりたい事も失わずにやってみる。どちらともない事は、その時々でやるかやらないかを決めればよい。

例えば私の場合、平日はこんな按配です。

やらなくてはならないこと

  • 仕事と通勤
  • 必要最低限の家事
  • 身支度(入浴や出かけるための準備など)

やりたいこと

  • 家族との会話
  • ブログ
  • Twitter

どちらともないこと

  • 丁寧な家事
  • 読書
  • Twitter以外のSNS

1日に使える18時間のうち、ほぼ12時間を仕事+通勤で過ごすので、残り6時間の使い方を工夫してみます。

スキマ時間は、なるべく「やりたい事」に使う

とはいえ、その「6時間」をまとめて取れるわけではなく、スキマ時間の積み重ねな場合も多い。

例えば、ブログのネタ集めや下書き…そんな「やりたい事」のために使うと、10分ずつの時間が10回あれば、1時間40分。なかなかの分量になるものです。

一方「やらなければならない事」は一気にガーーっとやっつけてしまったほうが効率がよい。

いろいろ終えたあとに残った時間で、さらに「やりたい事」ができるのは、なかなかにリッチな心の時間。

こうしてブログを書いているのが、そんな過ごし方をしているときです。

仕事がパツパツで疲れてしまっていても、やりたいことを終えないと、1日の締めくくりができないともいえます。

時間の使い方は人それぞれ

私の場合はこんな毎日の連続ですが、時間の使い方は人それぞれ。

やりたい事はとっておいて、休みの日にまとめて楽しむ。それもあり。
仕事の時間は極力短くして、やりたい事に充てる時間をより長くする。それもあり。

毎日毎日100%やりたい事だけで過ごすのは理想かもしれませんが、現実にはなかなかそうならないから。

そのひとに合った方法を工夫すればよいし、ずっと同じやり方でなくても折々で変えてもよいのです。

最後にひとこと

誰しもが多かれ少なかれ、時間に追われる毎日に悩んでいるもの。

どう過ごせばより心地よくできるのか、自分でやり方やあり方を決めておく。

この記事が参考になるようでしたら幸いです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら