業務が立て込んでしまったときには とにかくひとつずつひとつずつ、小さなかけらを積み上げていけばよい

広告

こんにちは。ここのところ業務が立て込んでアップアップしている ねーさん(@nesan_blogger)です。

そんなときには。

とにかく、ひとつずつひとつずつ。小さなかけらを積み上げていけばよい

実際に取り組んでみて、ポイントだと気づいた点をご紹介します。

全部を一気呵成にやろうとしない

物事が立て込んでくると、つい、何でもかんでも片付けなければと、焦ってしまいます。

でもね。

人間1人の力ででき得ることには限界があるのだから、全部を一気呵成にやろうとしない。
言い換えれば、一気呵成にはできない。

落ち着いて、落ち着いて。

まず第一に、そこを開き直ってしまえばいいんです。

抱え込まないで人に助けてもらう

次に大切なことは、抱え込まないで人に助けてもらう。

自分が、あるタスクの主担当者になっていたとしても、他のひとたちにもその情報をシェアするようにする。

例えば、メールやりとりのccに必ず関係者全員を含める…それによって、自分が追い付かないこともccの誰かが助言してくれるものです。

行き詰まりそうになったら「すいませーーん、こんなときどうしたらいいですかぁ」と声をあげる。

すると、思いも寄らなかったアイディアを授けてもらえることもあります。

ひとつずつ、ひとつずつ 小さなかけらを積み上げていけばよい

タスク管理とかプロセスマネジメントとか、テクニカルなことは専門家に委ねるとして。

とにかくマインドとして持っておくとよいのが「ひとつずつ、ひとつずつ」です。

高いところに登っていくときって、階段を一歩ずつ進んで行きますよね。

途中の踊り場で小休止したっていい。
あれ?って思ったら、ちょっと数段戻ったっていい。

一段一段は小さなかけらなのだけれど、それを積み上げていけばやがて頂上に着く。

業務も同じなのだと思っています。

その日中に片付けるべきことは、必ずやり遂げる

とはいえ、漫然と一歩一歩やっていても上手くいきません。

1日ずつの「今日中に片付けるべきことはなんなのか?」を精査しつつ、計画を立てる。

途中で予期せぬ事態が起きることもあるでしょうから、そうなったら「今日の計画」を修正すればよくて、とにかく1日7時間なり8時間なりの与えられた業務時間で、必ずやり遂げる。

大きなゴールはかなり先だとしても、小さなゴールは目の前にある。

それを繰り返していけばいいのです。

最後にひとこと

業務が立て込んでしまうと「もう無理ーーやってられないーーー」と叫びたくなってしまいますが(笑)

この記事で書いたことをあらためて思い出して、これからも取り組んでいくとしよう。

何よりも。

自分がおこなうべき仕事があるということに、感謝です。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら