部下さんとの面談 仕事に子育てに一生懸命な姿に感動【女性管理職の仕事日記2019.9.6】

広告

在宅勤務で遠方にいる部下さんに会いに行きました。業務上の問題が起きていて心配になったからです。

いきなり訪問してしまったけれど、顔を合わせて対話ができたのは良かったと思います。

せっかく会えたから…とアレコレ話しているうちに、ご本人のプライベートについても聴くことができました。

ちょっと不器用なところがあるけれど、仕事にも子育てにも一生懸命なんだよね。その姿に感動。

今回は、そんなお話です。

部下さんの「凛とした姿」が気になっていた

この部下さん。

何度か直接話をしたことがあります。いつも「凛」とした姿。
何を聴いても「大丈夫です」とおっしゃる。

それはそれで頼もしいですが、本当にそうなのかしら?
業務のトラブルや先輩とのミスコミュニケーションなど、かなりシンドイこともありそうだ。

なのに、淡々とこなそうとしている。
言葉は悪いですが「元気を装っている」ように感じて仕方ありません。

あらためて会って対話をしていたら、ご家族についても教えてくれました。

親として、一家の主として

彼女のご家庭はお子さん2人とお母さんの、3人家族。

「シングルマザーなのです」

そうだったのね。

親として、一家の主として支えていかねばならない。とっても大変です。

私自身もシングルマザーの経験があるので、そのご苦労は少なからず推し量れます。

頑張らなくていいよ。じゃなく、期待しているよ。と伝える

そんな話しを聴いていたら。

本音では「頑張らなくていいよ」と言いたくなったのですが、人生とは、前に進むもの。

上司として、はたまた人生の先輩として、彼女に伝えられること。
「期待しているよ」

もしかしたら、逆にプレッシャーを与えてしまうメッセージなのかもしれない。
でも、彼女もこの仕事のプロだから。

辛いと思い続けるのか、頑張ろうと思い続けるのか、それは彼女に決めてもらうしかありません。

今日の一言

「子どもたちも、私が在宅勤務になったことで、喜んでくれています。だから、長く勤めたいのです。先輩とも上手くやっていきたいし、みなさんの役に立てるようになりたい」

それは、良かった。
これからも応援するからね。

人にはそれぞれの生き方があって、それぞれに一生懸命で。あらためて感動した、そんな1日でした。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら