マスクは、本当に必要なひとたちに使ってほしい 新型肺炎流行で思うこと

広告

こんにちは。2020年の新型肺炎で世の中が心配になっている ねーさん(@nesan_blogger)です。

この年の2月頃から発現している、新型肺炎(COVID-19)の流行。

その防御策として「マスク着用」が取り沙汰されています。
でも、私はマスク着用していません。

テレワークができない業務に就いていて、毎日出勤していますが、おかげさまで今のところ健康を保てているし、本当に必要なひとたちに使って欲しいと思うから。

今回はそんなお話です。

マスクはなぜ必要なのか 私の理解

まず、マスクはなぜ必要なのか?

あくまでも自分の理解ですが、

マスクって、自分になんらかの感染症状があって人に移さないために、もしくは医療機関や公共機関など、人がたくさん集まる環境の中で過ごさなければならない仕事をしている人たちのために、もしくは持病の悪化をさせないよう予防する必要がある人たちのために。

あるのだと思っています。

今回の新型肺炎流行で不安がたくさんなときに、マスク着用で防御したいって気持ちは解ります。

ただ、自分が健康でいるならば特にそこまでせずとも良いのではないだろうか?

資源には限りがあるから。
健康な人たちがマスクを買い占めることで、本当に必要な人たちに届かなくなってしまうことを避けたいです。

我が国はマスク大国?

一方、我が国はマスク着用が世の中に広く活用されているから、新しい感染症にも対峙できているのかもしれません。

こんな流行がなかったときでも、なんとなく日本ってマスク大国なんだなぁという印象です。

余談ですが、我が家族は今から一年前、2019年に欧州旅行をしてきました。
ある国に滞在していたときに、マスク着用している息子を見て現地の人から「お前は病気か?」と揶揄されてしまったことがあった。

その出来事で、海外においては「マスク着用」が奇異に捉えられることがあるのだ…と実感したものです。

マスク着用がいいのか悪いのか?解りませんが、少なくともそれが習慣化されていて他人とある程度距離感を心がけている。

COVID-19の流行を国内においては現時点、一定に抑えられているのも、こういったことが奏功しているのかもしれません。

マスクは、本当に必要な人たちに使ってほしい

話が少しそれてしまいました。

本題に戻しますと、マスクは本当に必要な人たちに使ってほしい。

仕事をしていて、そうした人たちと関わることがあります。

私は特にヘルスケア業界に勤務しているゆえ、患者さんや医療機関スタッフや、至急の研究をしている人や。

マスクが品切れで困っている話が伝わってくる。

少なくとも健康でいられる間は。
自分にとってはマスクは必須ではないって考えるのです。

最後にひとこと

マスクという、一つの小さな"衛生用品"だけれど。

こんなときだからこそ、
大切に使っていきたい。本当に必要な人たちに届いてほしい。

切に願います。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら