【カット野菜利用具だくさんスープ】簡単すぎて笑っちゃう ワーキングマザーの超手抜き料理

広告

こんにちは。ワーママ歴27年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

働く母はとにかく忙しい。ついつい家事にも手抜きしたくなる。
とはいえ、やらないワケにはいきません。

そんな私の家事・夜ごはんメニューにうってつけなのが「カット野菜利用の具だくさんスープ」

あまりに簡単すぎて笑っちゃうほどです。

ご紹介します。

「カット野菜利用具だくさんスープ」のメリット

まずはこのメニューのメリットについて。

ココがポイント

  • カット野菜は夜になると安く売っている
  • 包丁とまな板を使わないので、洗い物が最小限で済む
  • 作り方はかなりテキトーでもなんとかなる
  • 所要時間は30分ほどだけれど、最初にセットアップしたら、あとは煮込むだけ
  • なかなか美味しい
  • 大量に作っておけば、翌日のメニューにも使える

さらに詳しくお伝えします。

カット野菜は夜になると値下げしている

私がいつも利用しているスーパーはイオン。

帰宅時の19時すぎくらいになると、プライベートブランドのカット野菜が値下げされています。(それより遅い時間だと売り切れていることが多い)

今回使ったのが「洗わずにサッと使えるカレー・シチュー用」

洗わずにサッと使える カレー・シチュー用 -イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) – イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

元々の価格は298円ですが、198円になっていました(税別)※2020年3月現在

カット野菜って、栄養的にどうなんだろう?って気になるかもしれないけれど、フルタイム仕事して満員電車で帰宅して、ジャガイモの皮を剥く気力が無いんです。

でも具だくさんスープって、食べたくなる。

時間短縮を優先することにしました。

包丁、まな板を使わずに済む、洗い物が最小限で済む

材料は、カット野菜とウインナーソーセージ。彩りにスナップエンドウも加えることにしました。

今回はこうしたモノを使っていますが、その時に家にある材料で全然OK。

包丁、まな板を使わずに済むものを選ぶとよいです。洗い物が最小限で助かります。

「カット野菜利用具だくさんスープ」作り方

かなりテキトーなので「作り方」というほどではなくてすみませんが、そこそこ具材から出汁が出て、いい塩梅になるんです。

まずは、鍋にオリーブオイルを熱して、乾燥ニンニクを手でちぎったものを散らす。

ニンニクが香り立ってきたら、カット野菜をドバーッと投入。

しばらく炒めたのちに、ウインナーソーセージを投入。

調味料はコンソメキューブと隠し味に料理用白ワイン。

調味料と水を加えて(全て目分量)沸騰させます。コンソメキューブは水300ccにつき1個が目安と書いてあるので、800ccくらいの水にひとまず2個くらい入れてみます。

ウインナーソーセージに塩分があるので、これくらいが適量。

蓋をして弱火でコトコト。

ジャガイモに竹串がすーっと通るようになったら、仕上げ時です。

スナップエンドウをトッピングに添える。煮込むと色が褪せてしまうので、別に電子レンジで40秒ほど加熱。

器に盛って、スナップエンドウとお好みでコショウを散らして、出来上がり。少々具が大きめなのはご愛嬌(笑)

所要時間は30分ほどですが、最初のセットアップは10分程度。あとは煮込んで仕上げるだけです。
ウインナーソーセージと野菜だとほとんどアクも出ないので、アク取りも不要。

野菜とソーセージの出汁と隠し味のワイン。これがなかなか絶妙で美味しい。

我が家は現在、夫と私の二人なので、800ccも作っておけば、翌日のおかずにもそのまま使っちゃいます。

最後にひとこと

毎日のことだから、無理なくできるってのが一番。

クオリティは二の次でいいんです。

私のチョー手抜き衣食住。よろしければこちらの記事もどうぞ。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら