【仕事と家事で忙しいあなたへ】ワーキングマザー27年の私の「衣食住」効率化・時間短縮をご紹介

広告

フルタイム勤務していて、家事もやっていて。
とにかく私の毎日はてんてこ舞い。ワーキングマザー27年の私が「編み出した」家事の時間短縮・効率化。

衣食住それぞれに取り組んできたことについて。

記事のまとめを紹介します。

「衣」

大量な洗濯物や布団を干すのにどう効率化したらいいだろう?「ステンレス多機能布団干し」という道具を購入したら、悩みからの解消ができました。

「食」

夕食の支度というのは、ワーキングマザーにとってもっとも悩ましいこと。いかに簡単に美味しく思えるメニューを作るか。私オリジナルのレシピをいくつか紹介しています。

食べた後は食器の片付け。食器洗浄器を導入してから効率化が格段に進みました。

食器洗浄器を使えない手洗いの時は、あみたわし活用が便利です。

そもそも、食器そのものも多くを使わず必要最低限にする。どんな工夫をしているかを書いています。

「住」

家の掃除もなるべく簡単に済ませたい。こまめに風を通すことで、カビなどの抑制ができます。

玄関周りは常にスッキリとしておきたい。そのためには靴を増やさないことがポイントです。

カーテン洗濯などの大掛かりなことは、年一回しかおこなわない。そのかわり、ちょこっとしたことはこまめにケアする。決め事をすれば気持ちが楽になれます。

ゴミ箱を置かないのが我が家の主義。ゴミ箱そのものを掃除しなくて済むからです。

全般

朝早く出勤するために、前日にどう過ごすか。時間活用法をお伝えします。

休暇を利用して旅に出るのはリフレッシュになる。しかし片付けに翻弄されては元も子もありません。旅の後に心がけていること。

家庭内でも書類は溜まりがちなもの。とにかく不要なものは置かないことを徹底しています。

働く母は忙しい。夫にも役割分担をしてもらわないことには、長年続けていくことは無理です。

費用はかかるけれど、外注に出すことも1つの方法。どんな「外注化」を活用しているか?紹介しています。

家事というのは手厚くやろうと思えばいくらでも範囲が広がってしまう。とにかく「やらないこと」を決めてしまうのがオススメです。

まとめ

時間は有限だから。それを効率化するのに資金もかかるし、ある程度クオリティにも妥協することも必要。

結局。

どうやってそれを活用して自分なりの取り組み方を進めていくのか?
人それぞれでやり方があるのだろうけれど、私はこんなふうにやってきて、少なくとも「ストレス」をできる限り軽減することができています。

仕事と家事で忙しいあなたへ。

それぞれの記事が参考になれば幸いです。

広告