ブログが上手くいかないときに 「私は書きたい」ではなく「私は伝えたい」へシフトする

広告

こんにちは。ねーさん(@nesan_blogger)です。

ブログが上手くいかないと、ここのところずっと悩んでいました。
書いているはいいけれど、読まれない。

悩めば悩むほどさらに上手くいきません。それでも書き続けてしまうのです。このままでいいのだろうか?
自問自答を繰り返すうちに気づきました。

「私は書きたい」じゃなく「私は伝えたい」のだ。

なぜそう思うに至ったのか。向き合ってみた過程をご紹介します。

ブログが上手くいかない 私が悩んで向き合ってみた過程

ブログがどうにも上手くいかない。何をどう悶々して、それに向き合ってみたか。具体的には以下のような過程でした。

  • 私は間違っていたのかもしれない、それを書く
  • もう止めようかと思い始めた、それを書く
  • 書いたら、気づいた
  • 誰に何を伝えたいのだろう、それを書く

とにかく、グダグダでもいいから…と記事にしてみたのです。

さらに詳しくお伝えします。

間違っていたのかもしれないと思ったことを、書く

自分なりに多くの記事を書いてきたつもりだけれど、何かが間違っていたのかもしれない。無駄な努力っていうけれど、私のそれはまさにそうなのかもしれない。

質を追求してみよう。

それでも、上手くいきません。

もう止めようかと思ったことを、書く

とうとう、もう止めようかという境地に陥ってしまいました。

この時点では、かなり断崖絶壁な心情でしたが(笑)それでも記事にすることで気づいたのです。

私は、何かを伝えたいと思っている。

誰に何を伝えたいのだろうと思ったことを、書く

じゃあ、私は誰に何を伝えたいのだろう。

日頃仕事のことを日記記事的に書いていて、偶然にもそんなことをまとめていました。

ブログのPV数ばかり気にしていて「読まれたい」とばっかり気にしていて。

そうじゃなくて。

私には「伝えたい」ことがある。

その軸は、これまで60年近く生きて来て、子育てして会社で管理職をやって来て、離婚もしたけれど再婚もした。
そしてこれからさらに40年近い人生が私には待っている。

どんなふうにやってきたか。何が大変だったか。それを"人生の後輩さん"たちに参考にしてもらえたら嬉しい。

書きたいじゃなくて、伝えたい

「私は書きたい」じゃなくて「私は伝えたい」

あらためて、ブログを書こうとするときにこのマインドにシフトしよう。

ずっとやってきた「毎日記事を書くこと」が出来なくなったとしても、仕方ない。

これまでの毎日更新、もしかしたら無駄な努力だったのかもしれないけれど、とにかくこうやって書いてきたから、気づけたとも言える。

伝えたいことがたくさんあって、話題がアッチコッチ行ってしまいそうですが、これから読んでくださる方の参考にしてもらえたら幸いです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら