東京駅夜景 冬はクリスマスイルミネーションも楽しみながら散策できます

広告

こんにちは。ねーさん(@nesan_blogger)です。

通勤の帰り道に東京駅周辺を散策してきました。
夜の駅舎や周辺ビルが瞬く様子を眺めることができて、特に冬場はクリスマスイルミネーションも楽しめる。

さっそく紹介します。

散策したところと所要時間

今回散策したのは東京駅丸の内口側のスポットです。八重洲口側も見所スポットがありますが、途中で寒くなってしまい、行けずに力尽きちゃいました。

  • KITTE丸の内
  • 行幸通り
  • 丸の内ビル

撮影しながらブラブラ歩いた時間は約1時間。それぞれ画像とともにお伝えします。

丸の内南口を出る

2019年11月現在、丸の内南口近辺も様々に工事が施されています。

いつ眺めても美しい、天井のレリーフ。

丸の内南口を出たところの横断歩道を渡ってすぐに建っているのがKITTE丸の内のビルです。

KITTE丸の内 2019年のクリスマスイルミネーション

エントランスを入ると広い吹き抜けのスペース(アトリウム)になっていて、クリスマスの際はここでイルミネーションの装飾が展示されている。

2019年は「和の水引」をモチーフにしています。

「こころ、むすぶ、クリスマス」をテーマに、職人の手によって編まれた日本の伝統工芸・水引を使った新しいクリスマスツリーが1Fアトリウムに登場。
ーKITTE丸の内ウェブページより引用

長野県飯田地方の伝統工芸「飯田水引」の紙紐を使用しているとのこと。

6階の天井から吊り下げられている様子は見事です。

30分おきにイルミネーションプログラムが繰り広げられていて、その間3分間はフロア内の照明も仄暗くなります。

点灯期間 2019年11月20日(水)~12月25日(水)
点灯時間 月~土 17:10~22:40、日・祝 17:10~21:40

プログラムの間はクリスマスにちなんだ音楽が流れ、ツリー色の変化も楽しめます。

WHITE KITTE | キッテ オフィシャルホームページ

6階にある屋上庭園からは、東京駅を上から望めます。撮影した画像をアイキャッチにしました。

行幸通りへ

次は、丸の内口を背にして行幸通りへ向かいます。

行幸通りから左手に曲がる丸の内中通りも、イルミネーションに彩られていました。

クリスマスの際は「東京ミチテラス」として、やはりイルミネーションが施されるようですが(年度によってその都度決定)期間は短く、2019年は12月21日(土)~12月25日(水)※一部は12月13日(金)より、開催予定とのこと。

その時期になったら、行幸通りを再び訪れてみたいです。

東京ミチテラス2019 公式ホームページ

丸ビルで暖をとる

歩き回って、すっかり身体が冷えてしまいました。東京駅方向に戻って、丸ビル(丸の内ビルディング)で暖をとります。

この時期だと、3階のエスカレーター踊り場辺り「回廊」にクリスマスのオブジェが見られますが、2019年は、12月に映画スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』が公開されるのを記念して、関連グッズショップが出店されていました。

STAR WARS “Precious for you” ~Marunouchi Bright Christmas 2019~ | Marunouchi.com

ちなみにコレは2017年11月に同じ場所を撮影したものです。

ちょっと喉が乾いたな…というときは、1階エントランスの右横にある、グルメビアスタンド「STAND T」がオススメ。いつもお客さんで賑わっています。

丸ビル内には多数の飲食店があって、散策後にお腹を満たすのにはうってつけ。

今回は食事をせずに帰りましたが、どのお店も魅力的です。ディナーは常に混雑しているので、事前に予約をしておくとよいです。

丸ビルのグルメ情報一覧|美味しくて旬なランチやディナーを楽しむなら|丸の内ドットコム

今日の一言

通勤帰りや、旅で滞在する合間に。東京駅近辺の夜散策はいかがですか。

今回は丸の内側の一部をお伝えしましたが、また訪れた際に八重洲側も含めて記事にしますね。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら