ブログを止めようかと挫けそうになっても 続けてしまうのは何かを伝えたいと思うから

広告

独自ドメインのブログを始めて2年半ほどになります。

記事数は1,000記事ほど。ある意味やりきった感がありますが、残念ながらその数ほど読まれてはいないようです。

クオリティの問題なのかな?自問自答してみます。

質を上げることを意識して取り組んでみます。でも、上手くいきません。

もう、私には無理なのかもしれない。

一生懸命書いているつもりでも、ちっとも読者さんに届けることができていないのかもしれない。

限界を感じました。

止めた方がいいのかな。読者さんの役に立ちたいと思って書いても、私には能力がないのだろう。

ここにきて、なんども止めようかと思いました。

でも、止められないのです。

何故ならば、私は文章を書くことが好きで、何かを伝えたいと思っていて。

拙い文章でも、もしかしたらたった一人にでも誰かの役に立つことができるのならば嬉しいと、オメデタイことを考えてしまっていて。

そして、今日もこうして記事を書いています。

止めることは簡単。
続けることのほうが大変。

どちらを選ぶか。

そう考えたら、続けることを選ぼうと思います。
好きなものは好きだから。

何かを伝えられたら幸いだから。

止めるかどうかは、もう少し先に考えることにします。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら