パソコンの入れ替え 慣れているものを変えるには気力が要る【女性管理職の仕事日記2019.10.3】

広告

職場パソコンのバージョンアップのために、入れ替えをおこなうことになりました。

私が入社した17年前はデスクトップPC。それからノートPCに切り替わり、かれこれ今回で"5代目"くらい。

機能が向上するのは嬉しいものですが、使い倒して慣れているものを変えるのには、かなり気力を伴う。
移行作業をダラダラとやっていたら余計疲れるので、「えいやっ」と1日で片づけることが肝要。

今回は、そんなお話です。

新しい機種の「クセ」に慣れる

同じWindowsのパソコンでも、歴代の「流行り」みたいなものがあるらしく、機種メーカーは、毎回ほぼバラバラです。

どのメーカーの物も似てはいますが、それぞれにクセがある。
キーの軽さとか、ファンクションキーの使い勝手などが微妙に異なります。

また、機種の違いだけでなく、OutlookやExcel、Wordなどのアプリケーションも、バージョンによってかなり仕様に差が出る。

これらが「肌なじみ」するのにちょっと時間がかかるものです。

日頃から、PCの中身を整理整頓しておく

一方、PCの中身。

PCローカルにファイルを保存するのが好きな人もいますが、私はほぼ、ローカルに置かない主義です。

自分1人だけで使う書類って、会社勤務していると基本無い。
作成途中のときは暫定ローカルに置いておくこともありますが、最終的にはサーバー上の共有フォルダにすべて格納。

なので"PCお引越し"のときも、ほぼ「中身の移動」という作業をせずに済みます。
基本的な点かもしれないけれど、意外と「ローカルに溜めちゃう派」が多かったりするのです。

日頃から整理整頓をしておくのも、不要なストレスを増やさなくて済みます。

ブックマークや単語登録は、新しいPCでやり直す

あとは、ブラウザに保存している「ブックマーク」や、PCそのものに設定している「辞書登録」など。
エクスポート⇔インポートの機能を使えば移行できますが、マニュアル見て両方のPCを行ったり来たりの操作は面倒くさい。

お気に入りのサイトは検索すればすぐに出てくるし、辞書登録も気づいた都度やり直せばよいので、
わざわざ「エクスポート⇔インポート」はおこなわないことにしました。

今日の一言

なんとか1日でセットアップを終えましたが、業務の合間におこなうので、もう、グッタリ。

たかがPCの入れ替え。

なのですが、新しいことに取り組むというのは、なにごとも気力を伴うものです。

せっかくだから…と、付属のマウスではなく、自分のマウスを使うことにしました。

ブログ師匠から薦められたロジクール。

新しく買ったこのマウスに応援してもらって、明日からまた「慣れの日々」を過ごすとしよう。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら