課題に悩み惑ったとしても「退路を断つ」という覚悟が必要【女性管理職の仕事日記2019.9.25】

広告

職場で直面している課題。

どうクリアしよう。悩み惑ったとしても、それをトップにネゴして実施するのが管理職の仕事です。
「わーーん、困った…このままでは進めなくなる」と心の中で思ったとしても、逃げている場合じゃありません。

退路を断つ。この覚悟が無いと人を率いる資格なんて、無いのよねー。

今回はそんなお話です。

管理職とは、トップと部下さんとの通訳

会社組織とはピラミッド型になっているから、物事の最終決定をするのは代表者(トップ)です。

私は現在、オペレーションの責任者をやっているので、部下さんから挙がってきた事案をいかにトップ判断に持っていくか?というのが役割。

ある意味、部下さんとトップとの「通訳」とも言える。
しかし、人と人とのコミュニケーション。立場や考え方の違いもあるから、難航してしまうこともあります。

つい、そんな時に逃げたくなっちゃうのよねー。

決して逃げない

「私は会社の最終責任者じゃないし、一生懸命取り組んだけれど…結果が得られなくてすまん」

こんなふうに言い訳を考えてしまう。

でもね。

私が逃げようとしたら、部下さんたちは路頭に迷ってしまう。
だから、決して逃げないことです。

つまり「退路を断つ」

こう覚悟してしまえば、ある意味シンプルです。
そして「必ず成し遂げる」と念じます。

結果は後からついてくる

実際には、上手く行くときもあれば、そうでないときもある。

大切なのはベストを尽くすこと。
あきらめない。逃げない。
そして、相手を思いやる。

結果は後からついてくるものです。

今日の一言

そんなこんなな日々のお仕事。
私にとっては一瞬一瞬が「後がない真剣勝負」の繰り返し。

なんとか今回の課題もクリアできそうで、ホッとしています。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら