育児休業から復職者の出社 職場がぱっと明るくなった【女性管理職の仕事日記2019.4.15】

広告

第2子ご出産で一年半ほど育児休業をされていたメンバーさんが復職されました。

とても優秀で人柄もよく、みんなから慕われている方。彼女が久しぶりに出社してこられたら、職場がぱっと明るくなりました。
「待ってたよー!」あちこちで歓待されています。

しばらく業務から離れていたものの、長くご勤務いただいていたので、さっそくあれこれと準備を始めてくれる。

「たくさんお休みをいただいて、ありがとうございました」と菓子折まで持ってきてくれました。

お2人のお子さんのお迎えやケアは大変。
最近、在宅勤務の導入が進んでいることをお伝えすると、
「ぜひ、それを利用してフルタイムで勤務したいです」とのご希望。

当初一週間は、アップデートされた業務内容などについて、トレーニングを受けてもらいますが、二週間目以降は、在宅勤務を開始いただくこととなりました。

そんなこんなであっという間に初日が過ぎつつあった午後。保育園から電話がかかってきて「お子さんが発熱しましたよー」とお迎えコール。

「もーーっ。初日から~~っ。とほほー。」
済まなそうにしている彼女に、「早く帰らないと!おつかれさまーーまた明日ー!」とみんなから声がかかります。

彼女と再び一緒に仕事ができることになって、とても嬉しい。
在宅勤務が始まると、なかなか会えなくなってしまうのがちょっと寂しいけれど。

これまでもたくさん、ありがとう。
復職してくれて、ありがとう。

これからも、どうぞよろしくね。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら