カレンダー片手に、年末挨拶 クライアントさんとのコミュニケーション

広告

会社員の年末風物詩といえば「カレンダー片手に、クライアントさんへの挨拶回り」

この季節になると"紙袋に筒状のカレンダーをタンマリ入れて街をゆく会社員"の姿を見かけませんか?

ワタシの勤務先では「卓上カレンダー」を利用しているので、あの"紙袋の恰好"とはなりませんが(笑)まとめて持って行くと、それなりの荷物。

何か用件が無いとアポイントをなかなかもらえないお相手とも、この機会にお会いしにゆくことができたりして。
ありがたいです。

以前にお引き合いをいただいていたものの、その後フェードアウト状態になりつつあったクライアントさん。
営業担当者が「年末ご挨拶で」とアポイントを取ってくれたので、同行します。

「いやーすいませんねー。なかなかその後進展がなくってねー。
イロイロ社内の調整に手間取ってまして。
でも、こうして会いにきてくれると、お互いの状況確認ができて助かりますw」
いえいえーコチラこそ、なかなかお役に立てず申し訳ないですー。

‥などと、親睦を深めたり。

「ところでこのカレンダー、GWの休日はどう書いてあるんですかぁ?」
そういえば。
2019年のGWは、どうやら全て休みになるらしい。
いやー、これを作る時点では判明していなかったので、従来どおりになっちゃってます(汗)

‥などと、世間話に花が咲いたり。

年始は、手土産を受け取っていただけない企業さんも増えているので、
年末はカレンダーを持って、アッチコッチのクライアントさんを訪問しておしゃべりして。

そうして、今年も暮れてゆきます。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら