『食べれば食べるほど若くなる法』菊池真由子 著 日々の食事に気を付けて”若さ”を保つ秘訣を教えてもらえる本

広告

何歳になっても若くありたい‥永遠のテーマです。
「気持ちだけは若い」ツモリでも、肉体の衰えには抗えない。
ひしひしと実感してしまう今日この頃‥。

ところが。

食事法をケアするだけで若さを保つことができる!
本書は、その秘訣を教えてくれる珠玉の一冊。

前作『食べても食べても太らない法』が大ベストセラーとなった、管理栄養士/菊池真由子先生の次作。
"食べても太らない"も大変魅力的ですが、"食べるほど若くなる"という、魔法のようなフレーズに引き込まれ、一気に読了しました。

さっそくご紹介します。

きちんと食べて若さを保つー身近な食材が助けてくれる

「日々の食事が重要」なのは分かっちゃいるけれど、家族の分は作るものの、自分のはそれらを味見して終わり‥ってなことも多く、つい疎かになりがちです。

第1章では「きちんと食べて若さを保つ、ということが大切。そのために、身近な食材が助けてくれるのですよ」とガイドしてくれます。

たとえば。

  • 1日1パックの納豆
  • 週に2日の牛ロース肉、150〜200グラム
  • 1週間に6個の卵

‥といった、食材たち。

その栄養根拠や、味付け法、食べ方もしっかり教えてもらえます。

その他、
意外なことに、パスタも食物繊維豊富でヨシ。また、お菓子だったらアーモンドチョコレート。居酒屋だったらホッケ‥etc.シーンに合わせてのおススメもあってありがたい。

健康にも美容にもよい

第2章以降では、若さを保つための食材別具体的な効能について。

  • 食べれば食べるほどスリムになる
  • しみ・しわ・たるみが消える
  • 肌と顔のトラブル解消
  • 髪・見た目…若さが蘇る

健康にも美容にも寄与してくれる。どの項も、目からウロコの連続です。

さっそく試してみる

読んでいたら居ても立ってもいられれず…善は急げ!
本書で紹介されている食材をさっそく買って帰ります。

それぞれの作り方も説明してくれているので、なんだか、いつもよりクッキングも楽しみになってきました。

今日の一言

「きちんと食べること」というのは、まるで"天然の総合エステティック"のよう。

ともすると、人工的な健康術や美容術にとらわれがち。
肉、魚介、野菜、豆類、海藻‥etc. 自然の恵み。
なんとありがたいことなのでしょう。

何歳だったとしても、本書を活用して若がえりに努めよう。

文庫本なので、いつでも傍らに置いて見返すことができるのも嬉しい。

2019年8月に「図解版」も出版されました。紹介されているメニューなどがより見易くなっていて、すぐに作りたくなります。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら