「師も走る」12月

広告

今年も残すところあと1カ月。
毎年、年の瀬を迎えるころって「いつの間にか12月になっていた」‥そんな感じです。

今年も同様。

勤務先でチラホラ「12月‥」というのを耳にし、
あ。と気付く始末(笑)
今冬はとくに暖かい日が続き、季節の実感があまりないから、なおさら。

本日、2018年12月4日もかなり暖かく、12月とは思えない気温まで上がりました。

「師も走るほど忙しい」という意から「師走」といわれる。と理解をしていましたが、あらためてその語源を調べてみました。

陰暦12月の異称。語源については、この月になると、家々で師(僧)を迎えて読経などの仏事を行うため、師が東西に忙しく走り回るため、「師馳(しは)せ月」といったのを誤ったものだとか、四時の果てる月だから「しはつ(四極)月」といったのが、「つ」と「す」の音通(おんつう)によって「しはす」となったのだとかの説が伝わる。このことばのもつ語感が、年の暮れの人事往来の慌ただしさと一致するためか、陽暦12月の異称としても親しまれ、習慣的に用いられている。
ー小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)より引用

ほほーっ。
単なる「師が走る」というより、諸説があるのですね。

オフィスの雰囲気も、少しずつバタバタが増してくる。
「みんなで走っている」みたいな。

街もソコココにクリスマスの装い。
ランチで今日訪れた「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」のエントランスにあるツリーをアイキャッチにしました。

室内の飾りもきらびやかです。

あっと言う間に来年を迎えそう。
走りながらも(笑)ゆく年のラスト、楽しみたいな。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら