【小田急線下北沢駅・リニューアル】ホームが二階層になっていて、エスカレーターに乗るときに注意が必要です

広告

2018年3月からの小田急線・複々線化に伴い、京王井の頭線との乗り換えターミナルとなる下北沢駅も大幅リニューアル。

小田急線は、特急ロマンスカーを除き、大きく分けて2種類があります。

1、各駅停車・準急
2、急行・快速急行

今回の改装により、下北沢駅の発着ホームが
1、は地下1階
2、は地下2階
の二階層となりました。

ウッカリ違うホームに行ってしまい、待てど暮らせど目当ての電車が来ない‥という経験を何度かやらかしてしまいました。

注意点とリニューアルされた駅の様子をお伝えします。

南西口改札から乗るとき

下北沢商店街の方向から入るのが、南西口改札。
まず、各駅停車・準急ホームへのエスカレーターがあります。青い表示色。

少し先に進むと、急行・快速急行・通勤急行ホームへのエスカレーター。オレンジの表示色。

井の頭線から乗り換えるとき

やはり、手間が青。

奥がオレンジ。

エスカレーターの位置的には、どちらの側から入っても、外側が各駅停車・準急用。内側が急行・快速急行、となっています。

ホームを間違えてしまっても、もちろん双方行き来することはできます。また、ホームの表示も色別とはなっている。

しかし、駅名板に「ココは快速急行・急行のホームです」とは書いていない(どちらのホームの駅名板も、まったく同じ)ので、エスカレーターを降りるときにボーっとしてしまっていたら、気付かなかったりします。

エスカレーターに乗る、その時に注意を払うのが一番です。

ちなみに、地下2階から地上1階の改札口まで一気に上るエスカレーターはめっちゃ長い。

2019年3月 満を持して完成

かつては狭くて小さな駅舎だった下北沢駅も大きく様変わりし、2019年3月に完成となりました。

小田急線〜井の頭線への連絡通路は広々としています。

通路中ほどにある化粧室もキレイ

小田急線⇆井の頭線の連絡改札ができました

2019年11月 駅内店舗「シモキタエキウエ」オープン

さらに、駅内店舗として、井の頭線と小田急線をつなぐ通路の上階部分に複数の店舗がオープンしました。
名付けて「シモキタエキウエ

改札から出ないで立ち寄れるのが嬉しい。

飲食店がメインです。

通っている途中に上を見上げると、楽しそうな店舗の雰囲気。ふと立ち寄りたくなります。

最後にひとこと

長年かけてリニューアルされた、新・下北沢駅。
生まれたときから小田急線を利用して、早50数年な私。(笑)

当駅の変容ぶりと、あらたな歴史の幕開けに、感慨深いものがありました。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら