送り手と受け手 独自ドメインブログを続けていたらスイッチが切り替わってきた

広告

独自ドメインブログを立ち上げて1年少々になります。

実は…その前数か月はアメブロユーザでした。
アメブロは手軽に始めることができて、お会いしたことのない方々から読者登録いただけたりしてありがたい。

なのですが。

なんとなく「受け手」モードでした。
記事を書くのに、他の方からインプットしてもらったナレッジをもとにするのだけど。

その、ナレッジの発信者、例えば本の著者さんなどへの「サンクスメッセージ」みたいになっちゃっていました。

それでも「アメブロ」という"容れ物"が引っ張っていってくれてたから。

なのですが。

"応援団"じゃなくて、送り手(発信者)になりたい。

自分のメディア、独自ドメインを立ち上げてからは、もちろん、サンクスメッセージのときもありますが、より、受け手(読者さん)のことを意識して記事を書くようになってきました。

「観ている世界が反対になってきた」
‥‥そんな感覚です。

得た情報や知識を読者さんにお伝えして、何かに活用してもらえたら。
これほど嬉しいことはありません。

おもしろかったよー。
すごかったよー。
だからワタシって、こんなに成長しちゃった。
‥‥ではなく。

これって、大体こんなストーリーで
読んだらこれに気付いたよー。
だからワタシはこんなふうに考えるようになった。
‥‥みたいに。

受け手じゃなくって送り手。

まだまだできていないときもありますが、
スイッチは確かに。

独自ドメインブログを書いていたら、あるときから切り替わってきました。

逆にサンクスメッセージが書けなくなってきた(笑)
いいのだー。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら