気ままに台湾旅行 ホテル編 シェラトングランド台北ホテル (台北喜来登大飯店) ラグジュアリーだけど、どこかカジュアルで過ごしやすい

個人手配での台湾旅行。
数年前にツアーで訪れた際の宿泊先・シェラトングランド台北ホテル (台北喜来登大飯店)が気に入ったので今回もこちらに決めました。

シェラトングランド台北ホテル 料金

息子がエクスペディアで手配してくれ、
決済表示がオーストラリアドルだったのですが、1258.1A$でした。本日2018年8月26日のレートですと1A$=81.4円なので、換算すると10万円強。3人で3泊分なかなかお得な値段で済みそうです。

シェラトングランド台北ホテル 行き方と周辺環境

台北空港(松山)から地下鉄のMRTで路線を1回乗り換えて15分ほど。

「善導寺」駅の真上にあります。

周囲に若干のコンビニやレストランはありますが、繁華街まで行くには台北駅近辺まで徒歩で10分ほど。道もまっすぐでわかりやすい。

シェラトングランド台北ホテル 客室

3人ユースのため、比較的広いお部屋。
落ち着いたインテリアがほっこりします。

ウェルカムフルーツ。甘くて美味しかったです。

冷蔵庫上の棚には、ウイスキーグラスやワイングラスなどが揃っています。

毎日ミネラルウォーターを数本備えてくれるのも嬉しい。

バスルーム。

シェラトンアテメニティの各種

電源も日本のときと同じに使えました。

日本の新聞コピーのサービスも嬉しい。
漢字ばかり見ていると、ひらがなが恋しくなります(笑)

シェラトングランド台北ホテル 設備

落ち着いた雰囲気なのだけど、1階&地下1階のレストランは、バイキングやピザレストランなどのカジュアルなお店もあり気軽に入れます。

バイキングレストラン入り口のワインセラーがウキウキしちゃう♪

初日の夜に行ったピザレストランも地元のお客様中心に賑わっていました。

ワイン1本とサラダ、パスタ、スープ、ピザなど単品で頼んで3人で15,000円くらい。

また17階フロアには、プールとフィットネスジムもあり、今回は残念ながら行けませんでしたが、宿泊客であれば無料で利用できます。

シースルーエレベーターから見える吹き抜けの風景も、どこかリゾートホテルの趣きがあります。

今日の一言

ラグジュアリーとカジュアルを合わせもつような、シェラトングランド台北ホテル (台北喜来登大飯店)。

エントランスが工事中だったのが少々残念ですが、アイキャッチにしました。

他の大規模ホテルも同様かと思いますが、フロントでは概ね日本語も通じます。

台北旅行の際はぜひ、コチラのホテルをおススメします。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら