アクシデントに意外とイライラせずに済んだ 「マインドフルネス」が馴染んできたのかな

広告

ワタシはイラチです。

いらち
すぐいらいらする性格であるさま。また、その人。せっかち。短気。
ー大辞林より引用

しかし、精神科医/作家・藤井英雄先生の「マインドフルネス」を学んでから、アクシデントが起こったときも、あまりワチャワチャせずに済むようになってきました。


今朝の出来事。

<息子が使用後の、ドレッシングのフタが充分閉まっておらず
勢いよく振っちゃった結果、壁や床に思いっきり飛び散った>

ギャーッ!やってもーた。

あちこちドレッシングまみれ。ぬるゆるベタベタ。

これまでのワタシだと息子めがけて
「ったくーー!何やってんのよーーっ!」と雷落とすところですが、不思議とそうなりませんでした。

ただでさえ慌ただしい出勤前の朝。しかも今日はアサイチから大事な打ち合わせが入っていて、絶対に遅刻できない。

なのですが。

ヒタスラ雑巾がけにいそしんでいるワタシ。
二度拭き、三度拭きまでして、おまけに自分の身体にかかっちゃったドレッシングの跡をシャワーで流し。

焦る気持ちはお隣に置いといて。ノンビリお掃除しています。

まぁ、不注意ってことは誰でもありますし(但し、やや彼は頻度高し、苦笑)
しゃーない。

おっといかんいかん、本当に遅刻しちゃいそうだ。
その後の通勤途中はところどころダッシュが交じりました(汗)

ちなみに。

ワタシの悲鳴や大掃除にも、まったく動じないのか気付かないのか、部屋から出てこなかった我が息子。
こっちの方がよっぽど大物?
とにかく「注意してくれないと困るのよぉ!」
ということは、帰宅後にしっかり伝えなくっちゃ。

でも心は穏やかです。
洗ったにもかかわらず一日中ベタベタしているワタシの首や手はさておき(笑)

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら