大腸内視鏡検査 健康管理のためには仕方ないけれど 事前準備が大変です

広告

大腸内視鏡検査を受けることとなりました。

今から20年くらい前に一度受診したことがありますが、なにしろこの検査、事前準備が大変。
検査自体は胃内視鏡と比べてさほど苦難がないのですが、これが憂ウツで仕方がありません。

今年受けた健康診断の「便潜血検査」が陽性となり、久し振りに受診せねばならず。その準備の辛さは、何十年経っても変わらないものです。

三日前からの準備

医療機関によってその日数指示が若干異なるようですが、ワタシが今回かかったクリニックからは、三日前から食事制限が必要といわれました。

これがまた、ワタシが好きなものばかりが「食べちゃダメリスト」に入ってるのよー。
悔しくて、前日のブログに書いちゃった(笑)

とある医療機関では、YouTubeまで作っていました。
患者さん向けの説明も、いろいろご苦労がおありのようですね(コチラの医療機関では「2日前」となっています)

あとは、お通じをよりスムーズにするためのお薬も就寝前に服用します。

検査前日

さて、前日。

夕食は19時までに済ます。
「推奨メニュー」は、具の入っていない味噌汁、おかゆ、薬味ナシの冷ややっこ…。
どれも気が進まないものばかり。面倒くさくなり、ほとんど食べ図に終わり。

また、20時頃を目処に「下剤第一弾」を服用します。

400mlの水で溶かして飲むのですが、不味いのなんのって。スポーツドリンクをまったりさせて温くしたみたいな…このあたりから「憂ウツ度」がさらに加速してゆきます(汗)

夜中にお腹がゴロゴロいって、何度も目が覚めちゃったり…あー、早く終わらないかなー。

検査当日

やや寝不足な当日。

朝から「下剤第二弾」を服用して、腸内をすべて空っぽにしなければなりません。

前回受診のとき、そのタイミングが上手く図れなくて、クリニックと家を二往復する羽目になったイヤーな記憶があり。今回は朝からクリニックに行って服用することに。

朝9時から「モビプレップ」という腸管洗浄液と水を交互に飲んでゆきます。
これも、昨日の「第一弾」と負けず劣らずの不味さ。
しかも目安量は1.5リットル。小分けで飲むったって、たかだか1~2時間で、そんなに飲めないよー。

Maxで2リットル入りのパックがどーんとワタシの待機場所に置いてある。
まるで、業務用洗剤のパックみたいだわ…アイキャッチにしちゃいました(笑)

ところが…。
目安量の1.5リットルを飲み終えても、看護師さん「まだまだですねー」とニッコリ笑顔でおっしゃる。

結局、Max2リットルに水1リットルを飲み干して「腸を促す運動」を何回かおこなって、やっとゴーサインが出たのが、すでに14時を過ぎている‥‥何時間かかるんだ!

こんなに水分を摂るのが苦痛だったことってありません。辛かったー。

検査自体はさほど苦痛がない

やれやれ。

ココまでこぎつければ、内視鏡検査自体は、ワタシの場合はさほど苦痛ナシ。
PCのモニター画面に映る自分の腸内。まるで「海底探検」のようでオモシロイ。

とはいえ、腸内というのはめっちゃ「長距離の旅」
大腸、小腸、結腸、盲腸などを隅から隅までチェックしてくれるので所要時間は30分~45分近くかかります。

生憎、何ヶ所か小さなポリープがあったらしく「組織片採取」(生検)とはなりましたが、おそらく心配ないだろう、との主治医コメントをもらえました。

正式な結果は一週間後に。ふー。

今日の一言

健康管理のための必要な検査。
正しい検査結果を導くためには仕方ないのだけれど、この「準備」しばらくは勘弁です(泣)

それにしても、腸内を完全にクリーンにするのって、大変なことなのねー。
各腸たち、いつも消化活動にがんばってくれていて、サンキュ!

その後の検査結果

さて、その後。
検査結果を聞きにいったところ、良性のポリープとの診断。

検査時に指摘されたとおり、何ヶ所かに2~3mmのものがあるらしい。
ただ、「便潜血」の原因になるほどではなく、何かの炎症でたまたま出血が発現したのだろう、とのこと。

いずれにしても。

定期的にチェックしておくのは大切。
次回は、二年後くらいにまた検査しましょうと言われて、先生とお別れしました。

二年後…それまではしばらく、この辛い検査のことは忘れるとしよう(笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら