『光のギフト』ライトワーカーれい華 著 この本を読むと心が温かくなる

広告

「精神世界」って、これまでまったく疎くって、あまり分かっていませんでした。
でも。
神社参拝が好きでよく行くようになったら、ありがたいことに思いを叶えることができたり。とても興味をもちました。

そんなときに、ヒーラーのライトワーカーれい華さんとお会いする機会をいただき、一冊の本を勧めてもらえました。

それが本書、『光のギフト』です。

どのページも愛にあふれていて、心が温かくなる。
理屈ではなく感情が揺さぶられる。

前半部分はフォトブック形式になっていて、素敵なお写真とともにれい華さんのメッセージが添えられています。

ひとつひとつが、「魂の伝言」
とても好きなページをご紹介させていただきます。

眺めているだけで、心穏やかになれます。

後半部分は、れい華さんが訪れた世界各国のパワースポットの旅路。
たとえば、ハワイ島のマウナケア山。
数年前、家族3人で訪れたときの感激がシンクロしました。

目には見えない心の世界。
きっとあるんだろうな。

世の中にある美しいもの。癒されるもの。
それはだれでも受容することができて、人生に活かせることができる。

でも、なかなか気づけないかもしれない。
れい華さんは、そんなひとりひとりがもつエネルギーの伝道師さん。
自分だけではそれを実現できないときもきっと助けてくれる。

この本を読んで、そんなふうに思えました。

れい華さんのメッセージは、メルマガ・ブログ・セミナーでいつでも受け取ることができます。くわしくはコチラ

不思議なことに、パソコンを開いてみたら、セドナの画像が出てきましたw

起こっていることって、きっと、すべて関連性があるのですよね。

この本を見るだけでも、力が湧いてきます。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら