2018年8月7日は立秋 いきなり涼しい1日となりました 明日からは「残暑」

広告

今年も本日で立秋を迎えます。

日中の気温が35℃を超える連日の猛暑から一転して、東京都内の気温は23℃。うそのような涼しさです。

台風13号が日本列島に接近しているらしく、いつも職場から眺めている海沿い風景もグルーミーな様子に一転。アイキャッチに使いました。

ところで「立秋」って、なんだ?

夏が極まり秋の気配が立ち始める日
夏至と冬至の中間の日

ふむふむ。

二十四節気が成立した中国内陸部ではこの時期から気温が下がり始めるが、海に囲まれた日本はピークがずれて、この後も猛暑の時期になることが多い(Wikipediaより)

立秋の翌日からの暑さが"残暑"で、お手紙にも「残暑見舞い」と書くこととなります。

「残暑」というコトバの響きが、どこか物悲しい。

台風の行方も心配だけれど、またきっと猛暑が戻って来るのだろう。
暑いのはシンドイですが、まだまだ夏を楽しみたいね。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら