部下さんの結婚話 お相手を聴いてビックリ 縁は異なもの味なもの

部下さんから結婚報告がありました。
その後、部署の飲み会があり、たまたま彼女のお向かいに座ったところ、
「ほらっ。ねーさんに結婚相手のことを詳しくお伝えしないと」と、他の方が彼女をつついています。

おや。なにかしらん。

「私の相方、ねーさんが良くご存知の方なのです」

へっ?

だってワタシ、この部署に異動してきてまだ3カ月。男性陣はみな結婚しているし。
うちの息子の年齢にほぼ近い彼女。プライベートで共通の友人がいるハズもなく。
どうにも思い当たりません。

クイズよろしく、いくつかのヒントをくれます。

すると‥‥いたいた、約1名。
前の部署で新卒さんのときからのお付き合いで、カレコレ4年くらいは、その成長っぷりを見守ってきた、K君。

そういや、K君の担当プロジェクト。内容は全く異なれど、以前彼女が担当していたのと同じクライアントさんです。
そのつながりで、とある飲み会があり知り合ったとのこと。

部署も全く違う2人。
偶然にもワタシの元部下さんと、今部下さん。
まさに「縁は異なもの味なもの」

なんと素敵なできごとなのでしょう。
めっちゃ感動しました。

久しぶりにK君にメールしてみます。
「聴いたよー。ビックリしたよー。おめでとー!」
すぐに返信があり、
「ねーさんとのご縁が復活できて嬉しいっすス」
こっちこそ「嬉しいっス」w

ちょっと不器用なところのあるK君。
何故だか色々引き寄せちゃって、アッチぶつかりコッチぶつかり、悩んでいる姿が常。
正直ワタシも、彼のサポートにはなかなか苦労しちゃっていました。
でも、ひとつずつクリアして成長してゆく姿が頼もしくなってきて、ずっと見守りたいと思っていた。

しかし、ワタシが異動してしまい、それが果たせなくなったことが心残りでした。
だからこそこの結婚話しは本当に感無量です。
ご縁って、ありがたいなー。

ちなみに。

以前は若い世代が多かったため、しょっちゅう部下さんの結婚式でスピーチをしていましたが、現在は全くその機会がなく。

K君たちの結婚式、まだお呼ばれもしていないのに、「久しぶりにスピーチ練習しなくっちゃ」と勝手にはしゃいでいるワタシです(笑)

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら